スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フケは頭皮の角質細胞って知っていましたか?

フケの正体は頭皮の角質細胞って知っていましたか?
角質細胞のアカ(フケ)は、体につく汚れ(アカ)と同じように、新陳代謝によって古くなった角質細胞が剥がれ落ちたものです。
新しい細胞が生まれてから古い細胞が剥がれ落ちる、この繰り返しのサイクルを普通は1ヶ月から1ヶ月半くらいで行っていますが、それが早くなればなるほどにフケの発生する量が多くなります。そのため、フケが目立ってしまうというわけです。
フケに悩む人の中には、このターンオーバーのサイクルが2週間という短い人もいて、頭皮環境が最悪な人がたくさんいます。
何故、頭皮の角質細胞サイクルは、早くなるのでしょうか。
実のところ、フケを引き起こす要因は人によって様々で、その全てが解明されているわけではありません。
角質細胞、フケは、生活習慣・食事が不規則になったり、ストレスが溜まってしまうことや、寝不足等が続いたり、使用しているシャンプーやリンス、石鹸や化粧品が肌にあっていなかったり、使い方を間違っていたり、現代社会を取り巻くあらゆる環境が新陳代謝やターンオーバーのサイクルにも影響を与えていると言われています。
さらに最近では、角質細胞の研究でカビ(真菌)とフケには深い関係があると明らかにされ、注目されています。
スポンサーサイト

バイオカルチャー頭皮細胞活性法

バイオカルチャー頭皮細胞活性法とは

バイオカルチャー頭皮細胞活性法とは、3ヶ月でほとんどの人が「高度活性法」を認知させてもらえる方法です。

あなたの髪の毛は今日まで何年何十年もかけて抜け落ちてきています。
頭皮の状況も今、生えているところは別として、部分部分で退化状況が違っています。

「ある程度ここまで生えたがこれ以上駄目だった。」とか
「少し高濃度にしたら領域が広がった。」とか

しかし今度は髪が伸びすぎて困ったなど、様々な体験談がありますが、それを解決してくれるのが、バイオカルチャー頭皮細胞活性法です。

ある会社のバイオカルチャー10000というものがありますが、これは育毛剤・養毛剤ではありません。

頭皮に高濃度の細胞活性力を与えると、毛穴等から吸収され、多くの要因により劣化して薄くなり、頭蓋骨に張り付いてしまった頭皮が、やがて厚く柔らかくなり、頭蓋骨との間を動くようになります。
しかし初めから高濃度を使用すると、お酒が飲めない人に強い酒を飲ますのと同じように体に不調が生じます。
そこで1~3ヶ月の期間を設け、低濃度から高濃度まで段階的に濃度を上げる事により、頭皮細胞は飛躍的に活性し、頭皮は柔らかくなり、厚みを増して、かって髪の毛があったときのような細胞に戻っていきます。
そしてそれぞれの頭皮の細胞状況には、大変大きな個人差はあるものの、髪は必然的に生えてしまうというビックリな育毛治療方法なのです。







分子ピーリングによる頭皮再生型育毛法

デュアルアクション分子ピーリングによる頭皮再生型育毛法とは?

1.毛穴と頭皮をナチュラルピーリング:不要な角質層や余分な皮脂や汚れを優しく分解除去。*過度の除去は皮脂の過剰分泌を招き逆効果です。

2.頭皮を柔らかく:活性化超低分子によって、ヘアサイクルに関わる一連の細胞群を賦活化し、細胞分裂の促進、スキンターンオーバーの正常化を介して頭皮の再生化(リジェネレーション)を促す。

3.潤滑な栄養吸収:超低分子化されたペプチド群が毛乳頭細胞を活性化し、栄養の吸収をスムーズ促す。

4.発毛シグナル増進:毛乳頭細胞(ヘアサイクルの司令塔)からの発毛シグナルを増進する。

このように、デュアルアクション 分子ピーリングによる再生型育毛法とは、頭皮の外側と内側から働きかける(デュアルアクション)ことにより発毛を促す再生型育毛方法のことなのです。

このデュアルアクション 分子ピーリングによる再生型育毛法を使用した育毛剤が、口コミで大人気の『育毛ミストM-1』です。

メデュラ・コルテックス・キューティクル

毛髪の構造について

髪は、大きく分けると3つの層からなり、一番外側をキューティクル、中間部をコルテックス、中心部をメデュラといいます。

【メデュラ】
髪の中心にあるメデュラは、やわらかなタンパク質が主成分です。
メデュラは、外的な刺激で空洞ができやすいのが特徴です。メデュラに空洞がたくさんあると、透過する光が散乱して、髪が白っぽく色褪せて見えることがあると分かってきています。

【コルテックス(毛皮質)】
髪の85~90%を占めるコルテックスは、繊維状のタンパク質が主成分です。
コルテックスのタンパク質・脂質の構造や水分量が、髪の柔軟性や太さに影響します。
また、主にコルテックスに含まれているメラニンの種類と量によって、髪の色が決まります。
コルテックスは、毛髪の軸のようなものなので、これがなくなると大変なことになりますね;


【キューティクル(毛表皮)】
毛髪の一番外側のキューティクルは、かたいタンパク質が主成分です。
キューティクルは、半透明のうろこ状のものが平たく4~10枚重なって、髪の内部組織を守る働きをしています。
各層の表面には、キューティクルを保護する脂質成分が存在しています。
キューティクルを保護する脂質成分は、最表面にあるため、摩擦にさらされ損なわれやすく、髪のツヤや感触にも左右します。
髪が傷んでる、ツヤがない(天使の輪がない)などと言われるのは、カラーリングやシャンプーのすすぎ過ぎ、栄養不足など、様々な原因でキューティクルを保護する脂質成分がなくなっている状態を意味しています。

毛髪の種類について

毛髪の種類

健康な毛髪について

健康な人の髪の量は約10万本で、1日0.3~0.4mmほど伸び、毎日50~100本くらい抜けるのが普通です。
健康な毛髪には、キューティクルがあり、髪にコシ・ハリ・ツヤがあります。健康な毛髪の毛根の状態は、毛球が硬くふくらみがあり、髪の毛の太さはほぼ均一でしっかりしているのが特徴です。
抜け毛を見た際に、先端に毛根鞘という、髪の毛を頭皮にしっかりと固定するための組織(白っぽいもの)が付着しているケースがあります。健康な髪の場合、自然脱毛にも見られ特に問題はないケースですので、太さと髪の状態、抜け毛の数を良く確認してみてください。
春や秋は、毛髪が抜けやすい時期なので、そのことは頭に入れておきましょう。


乾性毛髪(乾性スカルプ)について

乾性毛髪(乾性スカルプ)とは、自分の髪が脂性なのか乾性なのかではなく、頭皮が脂性なのか乾性なのかということです。
頭皮も他の部分の肌と同様に乾燥します。特に冬は空気が乾燥している上に、オフィスなどではエアコンの温風が直接髪に当たり、ダメージを受けやすい季節です。

お肌の乾燥は実感しやすいので、お手入れを入念にすると思いますが、髪や頭皮もお肌と同様、乾燥に弱く、潤いを欲しがっています。

乾性毛髪(乾性スカルプ)の調べ方は,乾燥タオルで軽く汗などを拭いた指で,頭皮に触れ,触れた指に脂が付くかどうか出判断出来ます。


脂性毛髪(脂性スカルプ)について

脂性毛髪(脂性スカルプ)とは、髪が脂性なのではなく、頭皮が脂性なため、脂っぽい髪に見えている
ということなのです。

薄毛は脂性の人がなりやすいという傾向がありますが、脱毛症に関係するのは、主にに男性ホルモンの働きが原因です。ニキビができやすい肌の人は、頭皮も脂性の可能性がありますので、確認してみると良いでしょう。

頭皮も、脂(あぶら)分が分泌されています。これを皮脂とよびます。
男性ホルモンの働きが活発だと、皮脂の分泌量が多くなります。こういう人は脂性毛髪(脂性スカルプ)タイプです。フケがベタついている人も脂性毛髪(脂性スカルプ) タイプです。
また、慢性脂性の人は髪も脂っぽく、ベタベタしているため、何も付けていないのに、ワックスやオイルなどのスタイリング剤をベッタリ付けているような髪をしています。

頭皮の毛穴に皮脂が溜まると、育毛・発毛の妨げになります。しっかりと余分な皮脂や汚れを落とし、すすぎ残しがないようにしましょう。


フケ性スカルプについて

フケとは、ずばり、頭皮の垢です。
つまり古くなった頭皮の皮膚細胞が剥がれ落ちたものがフケということです。

頭皮の一番最下層の基底層で、細胞分裂を繰り返してできた細胞がだんだんと下から上へと押し上げられ、角質層まで来ます。そして、しばらくして古くなった細胞が垢(フケ)となって剥がれ落ちるのです。


基底層で角質細胞になるまで約14日~15日ぐらい、そして角質細胞になって垢(フケ)となり剥がれ落ちるまで約14日~15日ぐらい、つまり約1カ月ぐらいの間隔で頭皮は常に新しく生まれ変わっています。

もちろん、この頭皮のターンオーバーが正常であるならば、この時の垢(フケ)は目には見えないような小さなものなので気になりません。

ところが、目に見えるフケは気になりますよね。フケが大量に出てしまうことを、フケ症と呼びます。

フケにも細かくて乾燥したフケと脂っぽくて固いフケなどがあります。

栄養のバランスが悪かったり、ストレスだったり、頭皮環境が悪かったり、頭皮を掻いて傷がついていたり、さまざまな原因でフケが発生します。

そして、目に見えるフケがあるということは、約1か月の頭皮のサイクルが崩れてしまっているということを意味します。

普段の生活の中で、フケが急に目立ってきたら、その原因を調べることが重要です。
フケが大量に増えると毛穴を塞ぐ原因にもなり、髪の毛の生長の妨げとなってしまいます。

脂っぽいフケが出る人は、毎日髪を洗って、頭皮を清潔な状態に保ちましょう。
乾いたフケが出る人は、毎日髪を洗うのを止めて、二日に一度ペースにすると良いかもしれません。
そして、ビタミンBが豊富に入っている食べ物を多く取り、脂っぽい食事を控えましょう。

もし、日常生活を改善しても、フケ症が治らない場合は、皮膚科に相談することをおすすめします。

ハゲと育毛ガイド
男性型脱毛症(AGA)、禿げる原因、男性ホルモンについてなどの育毛情報を掲載しています。
http://shanghai-fashion-co.com/

ヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクルとは、髪の生まれ変わりの周期のことです。
肌にターンオーバー(皮膚代謝)があるように、毛髪にもヘアサイクルがあるんです。

ヘアサイクルには、「成長期」→「退行期」→「休止期」の大きく分けて3つの段階があり、個人差がありますが、一般的に男性の場合は2~5年、女性の場合は4~6年と言われています。

ヘアサイクルは頭皮環境に左右され、ヘアサイクルの乱れ=頭皮環境の悪化である言っても過言ではありません。育毛剤をつけても産毛は生えるけど髪が育たないという状態になります。
育毛に適さない頭皮環境であるが故のことなので、まずは頭皮環境の改善が必要になってきます。

頭皮環境の悪化は、加齢によって脂質やホルモンの分泌が偏る、精神的ストレスが過度にかかる、食生活や生活習慣が不規則、シャンプーや育毛剤などによる外的刺激などが理由と言われてます。
「歳だからしょうがない」と諦めず、食生活や生活スタイルを見直したり、シャンプーや育毛剤を無添加のものにするなど、いろいろなアプローチを試してみて下さい。

ヘアサイクル(毛周期)の段階

成長期
成長期は毛母細胞が分裂を繰り返し、毛髪が成長する期間です。髪全体の約80~90%を占めています。

退行期
退行期には毛球が縮小し、毛髪を成長させていた毛母細胞の分裂が減少します。また、毛乳頭と毛母が分離し、毛根が頭皮の浅いところへ移動します。この期間は約2~3週間で、髪全体の約1%がこの状態です。

休止期
休止期には毛母細胞の活動が完全に止まります。そして、次の髪の毛の生成が始まると同時に、脱毛が始まります。この期間は約3~4ヶ月で、髪全体の約10~20%がこの状態です。

ヘアサイクルが整うには時間がかかります

育毛に適した頭皮環境になるには時間がかかります。
頭皮環境が整ってからじゃないと、ヘアサイクルは正常になりませんので、まずは頭皮環境の改善に着目して下さい。

角化移行部|内毛根鞘と外毛根鞘

角化移行部とは、毛幹部と毛球部の間にある細胞組織のことです。

髪の毛は、栄養分が毛乳頭細胞に一旦運ばれ、毛乳頭の周りの毛母細胞にも毛細血管を通って運ばれて行きます。
毛母には色素細胞が点在し、栄養を受け、分裂増殖した毛母細胞にメラニン顆粒を分泌して毛髪の色付けがされます。

こうして、徐々に細胞の配列を整えながら、内毛根鞘、外毛根鞘、結合組織鞘、毛髄質、毛皮質、毛表皮を形成し、毛穴の開口部に向けて押し上げられて行きますが、この時点では軟らかい毛組織に過ぎません。

角化移行部の角質細胞の働きによって毛母細胞は水分を失い、ここで始めて毛髪本来の硬い毛質になり、毛孔から皮膚の表面に出てくるのですが、毛母細胞が生きていると言えるのは角化移行部までで、それ以降は死んだ細胞とされています。



【内毛根鞘(ないもうこんしょう)】

内毛根鞘(ないもうこんしょう)は、外毛根鞘との毛母の間にあり、外毛根鞘が毛球部から存在するのに対し、内毛根鞘は毛ができてくる付近からできてきます。

【外毛根鞘(がいもうこんしょう)】

外毛根鞘(がいもうこんしょう)は一層の細胞層で、毛球から毛包の全長に存在し、表皮に以降します。毛隆起の外毛根鞘には、角化細胞と色素細胞幹細胞があり、毛の毛周期に重要な働きをします。

毛包と毛孔について

毛包とは

毛包は、表皮が皮下組織まで落ち込んだように埋まって、管状になっており、毛根部を保護する袋のような役割をしています。

毛包の下部はふくらみ、毛球部を包み込んでいます。

上部には皮脂腺が接続しており、ここから分泌された皮脂は毛包内から毛孔に出て毛幹部を伝わり、毛先まで毛髪を潤し、保護します。毛包は毛髪を産み出す生産工場です。

毛包は皮膚の中で毛髪を支え、毛髪を産み出している重要な部分でもあります。

特に毛包下部の毛乳頭では成長期になると活発に細胞分裂が繰り返され毛髪の元となる細胞を作り出しています。


毛の数は生まれる前に決まり、毛包は、生まれる前の胎生期に表皮の一部が分化して形成されます。

この胎生期の毛包の形成後は、毛包が新しく作られることはないと考えられています。

その為、全身の毛の本数も予め生まれる前に決まっていると言っても良いでしょう。

子供には毛が少なくて、大人になると毛が増えるように感じられるかもしれないが、実はそうではなくて、毛の太く、長くなることで毛が目立つようになるのです。


毛孔とは

毛孔は、一般的に頭皮の毛穴と呼ばれています。

洗髪で、丁寧にすすぎができていなく、シャンプー剤が頭皮に残っていたり、爪などで頭皮をゴシゴシ擦ったりして、頭皮を傷つけたりすると、毛孔(毛穴)を詰まらせ、トラブルの原因を引き起こします。

正しい洗髪方法と自分にあった育毛シャンプーで、毛孔(毛穴)と毛髪を洗髪することで頭皮を清潔に保つことが大切です。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Author:ikumou3k1
FC2ブログへようこそ!

リンク
相互リンク
RSSリンクの表示
このブログを購読

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブロとも一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ購読者向けメールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム
相互リンク・検索エンジン関連

相互リンク
ネットショップ開業のためのサイト「ショッピングカート比較navi@マイレージでJALやANAのマイルをチェック 視力回復手術についての情報サイト「@レーシック」です。 人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
bi
xva検索エンジン 登録ASSISTANT
xvbバイブの通販
xvc相互リンクSUPPORTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。