スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛球部の構造としくみ

毛球部は 【外毛根鞘】 【ヘンレ層】 【ハックスレー層】 【鞘小皮】 【毛母】 から構成されてます。

毛球は、毛根部の下部にあり球根状の膨らみをもっており、毛球部の底は凹んでおり、その中央には毛乳頭が入り込んでいます。
毛球部の毛乳頭には、豊富な血管があり毛髪を成長させる栄養分や酸素が運ばれてきます。
毛乳頭から、栄養分や酸素を毛乳頭の周りに存在する毛母細胞が受けて、分裂・増殖を繰り返し髪を育てます。髪の毛の色を決めるメラニンもこの毛母細胞の中で作られています。

毛球部の【外毛根鞘(がいもうこんしょう)】

一層の細胞層で、毛球から毛包の全長に存在し。表皮に以降します。毛隆起の外毛根鞘には、角化細胞と色素細胞幹細胞があり、毛の毛周期に重要な働きをします。

毛球部の【内毛根鞘(ないもうこんしょう)】

外毛根鞘との毛母の間にあり、外毛根鞘が毛球部から存在するのに対し、内毛根鞘は毛ができてくる付近からできてきてきます。

毛球部の【毛母】

毛球の主成分です。毛母細胞と色素細胞からできています。
スポンサーサイト

毛根部の構造と毛髪の特徴

毛幹部とは
 
髪の毛は、皮膚の表面から外に出ている部分の髪の毛のことを毛幹部といいます。



毛根部について


抜け毛には主にヘアサイクル(毛周期)によって自然に抜けた自然脱毛と、脱毛症が原因で抜けた異常脱毛に分けられます。

自然脱毛により抜けた髪の毛は、毛根部がマッチ棒のように丸く膨らんでいます。
また、髪の毛の太さはほぼ均一でしっかりしているのが特徴です。
それに対し、異常脱毛により抜けた髪の毛は、毛根部が先細り状態になっていたり、白っぽいものが付着していることが多く、髪の毛の太さが均一でなく、先のほうが細くなっていたり歪んでいる状態であることも多いです。

毛髪は、表皮から外部に出ている「毛幹部」と、毛包につつまれている「毛根部」に大別されます。 
ここでは毛根部をさらに詳しく説明していきます。

毛根部は、表皮・真皮・皮下組織の部分にある毛髪のことで、毛乳頭などもある毛球部も
含まれます。

自然脱毛により抜けた髪の毛は、毛根部がマッチ棒のように丸く膨らんでいます。
また、髪の毛の太さはほぼ均一でしっかりしているのが特徴ですね。

それに対し、異常脱毛により抜けた髪の毛は、毛根部が先細り状態になっていたり、白っぽいものが付着していることが多く、髪の毛の太さが均一でなく、先のほうが細くなっていたり歪んでいる状態であることも多いですね。

毛根部にに白っぽいものが付着しているのは、2種類のケースがあります。

ひとつは毛根鞘という、髪の毛をしっかりと固定するための組織が付着しているケースで、これは自然脱毛にも見られ特に問題はないケースです。
もうひとつは、毛根部に皮脂が過剰に分泌してそれが付着したケースで、脱毛症のサインであると言えます。

抜け毛の毛根部が細いしっぽ状態になっているのは、男性ホルモンの過剰分泌などが原因で、内根鞘皮や外根鞘皮に異常が生じて、毛髪の固着力が失われて抜け落ちたためです。

普段の抜け毛のうち、自然脱毛による抜け毛がほとんどで、異常脱毛による抜け毛が1割程度なら特に気にする必要はありませんが、異常脱毛による抜け毛が3割を超えてくると、すでに脱毛が進行しているとみられます。

薄毛や脱毛症が気になる方は、定期的に抜け毛の状態をチェックし、異常脱毛による抜け毛が増えていると感じたら、早めにヘアケアや育毛対策を始めることをおすすめします。


毛球部分について

毛母(もうぼ)細胞⇒成長、分裂し上へ押し上げられるに従って分化し、角化することで 「 毛髪 」 が
          形成されます。つまり毛の生産工場ですね。


毛乳頭(もうにゅうとう)細胞⇒毛髪の根元(毛球)の底の凹部に入り込んだ真皮細胞。
              毛乳頭には、神経や毛髪を成長させる栄養分を運ぶ毛細血管が
              集まっています。


毛根下端のふくらみを“ 毛球 ”といい、下方から毛乳頭が入り込み、神経や血管が集まり、毛の栄養・発生・成長をつかさどっています。特に、毛球の毛乳頭に接するところを“ 毛母 ”といい、
この部分で新しい細胞が増殖し、古い細胞は毛の先の方に
押し上げられていきます。これが毛の成長です。

頭皮は、排泄器官です。毛髪も身体の各部分と同じように血液から栄養をとって、
細胞分裂を繰り返して成長します。 
つまり、身体全体の新陳代謝を順調に整え、皮脂腺の排泄を滞りなく、スムーズにすることが育毛に効果的になってきます。

角化細胞(ケラチノサイト)と色素細胞(メラノサイト)について

角化細胞(ケラチノサイト)とは

角化細胞(ケラチノサイト)は、皮膚を構成する主要な細胞のひとつです。

角化細胞(ケラチノサイト)は、基底層の幹細胞に由来し、表皮の角化を司る細胞です。
この角化細胞(ケラチノサイト)は、表皮最下層の基底細胞層で生成され、細胞分裂して約2週間で角片(アカ)となって剥脱します。例えば、「汚れがたまり皮膚が厚くなる」という状態もこの角化細胞(ケラチノサイト)が原因です。

角化細胞(ケラチノサイト)は表皮の約80%を占めていて、皮膚の水分保持やバリア機能を維持するための重要な役割を果しています。また、他の免疫細胞を活性化させるなど免疫応答や炎症反応にも重要な役割を担っているのです。

「角質除去で清潔な肌へ!」などのは、この角化細胞(ケラチノサイト)と関わりがあるということですね。
この角化細胞(ケラチノサイト)がなくなると、バリア機能が機能しなくなり、外的刺激などから影響を受けやすくなり、炎症などの肌あれが発生するため、要注意ですね。

つまり、頭皮の角化細胞(ケラチノサイト)がなくなれば、炎症を起こしやすくなるということです。


色素細胞(メラノサイト)とは

色素細胞(メラノサイト)は、表皮最下層の基底細胞間に介在しているもので、メラニンをつくり出している細胞になります。

メラニンを産生する細胞です。紫外線を浴びることなどで活性化をします、
そして、そのことで、メラニン色素をたくさんつくり出し、これがシミの原因となります。
もちろん、皮膚の衰えも激しく、シワもできやすくなります。

頭皮も紫外線の浴びすぎにより、衰えがスピードアップし、若ハゲなどと言ったことが起こるのかもしれないですね。帽子を被らない人って多いですからね・・・

それ以外にも、髪の毛の色にも深い関係があるものになります、加齢などによって色素細胞(メラノサイト)の働きが弱くなってしまったりすると、少なくなってしまったりすると、髪を黒くするメラニンが作られなくなってしまうために、それが原因で白髪にってしまうということが言われています。

白髪を発見した時、年をとった気分になるのでイヤーな感じになりますよね。(笑)

白髪が増えてくるのは40歳前後といわれますが、医学的に解明できていない部分が多く、予防が難しいのが現状のようです。美容院に行って白髪はどうしてなるのかと美容師さんに尋ねたところ、遺伝的な要素もあるとのことでした。

遺伝といわれると太刀打ちできない感じがありますね。
だけどやっぱり黒い髪の中に白いものが混じるととても気になります。

年齢を重ねるにつれて色素細胞の能力が衰え、毛髪の色素が消失した状態のことを白髪というみたいです。

毛髪は、もともとは白く、それを黒く見せているのは色素細胞(メラノサイト)がつくり出すメラニン色素のはたらきにあります。

その色素細胞(メラノサイト)のはたらきが、何らかの原因で弱まったり消失したりすることによって髪を黒くするメラニン色素がつくれないと白髪になってしまいます。

髪の毛の色は、毛髪が成長する過程のどこかで毛髪内にメラニン色素が取り込まれることで決まるようなので、毛髪の生え変わりの時期が大切になります。

髪の毛のできるヘアサイクルという成長期・退行期・休止期がスムーズに行なわれるようにすることも重要ですね。

細胞分裂と娘細胞密接な関係について

細胞分裂と娘細胞密接な関係について


細胞分裂とは

わたしたちのからだの細胞の多くは日々生まれ変わっています。1つの細胞が分裂することによって増えていきます。
細胞分裂とは、分かりやすく言うと、1個の細胞が分かれて2個以上の新しい細胞ができることです。

細胞分裂は、まず核が2個に分裂してから細胞質が分裂します。核の分裂を「核分裂」といいます。
核分裂のようすの違いによって、細胞分裂には以下の種類があります。

細胞分裂のしくみは「体細胞分裂」が多く知られていますが、「減数分裂」やその他、「核分裂」「有糸分裂」「無糸分裂」などもあります。

細胞は単に真っ二つに分かれているわけでなく、非常に正確なしくみによって、もとと同じ細胞を2個に増やしています。

成長のためには、分裂前と同じ細胞が倍の数になっただけではいけません。
分裂直後の細胞は前の細胞に比べて小さいからですね。それぞれがもとと同じ大きさになって成長します。

・細胞分裂によって細胞の数がふえる
・それぞれがもとの大きさになるまで大きくなる → 成長する

といったしくみです。


娘細胞とは

娘細胞(じょうさいぼう、または、むすめさいぼう)は、細胞分裂の結果として生じる2つ以上の細胞のことを言います。また、細胞分裂する前の細胞を対義的に母細胞(ぼさいぼう)と呼びます。
ただし、出芽酵母など、出芽によって増える細胞の場合、出てくる芽に当たる細胞のことを娘細胞と呼び、芽を出す方を母細胞と呼びます。


このように細胞分裂によって娘細胞は生まれるので細胞分裂と娘細胞は密接な関係があります。

皮膚の構造について

皮膚の構造について


角質層|角質細胞とは

角質層は、下から新しい細胞が出来てくるたびにアカとなって剥がれ落ちることで一定の厚みが保たれています。

角質層は皮膚細胞が角化(表皮の細胞が角質細胞に変化する現象)の途中で、細胞核を失ったもので、いわゆる死んだ細胞です。もちろん死んでいるからといって不要な細胞ではなく、さまざまな役割を担っています。

また私たちが普段「肌がキレイ」「肌が荒れている」「肌が潤っている」「頭皮がかゆい」「フケがでてる」
「頭皮がテカッている」など、肌や頭皮の状態をいうときは、この角質層のことを指しています。

角質層には、細菌やウイルスなどの異物が体内に侵入するのを防いだり、皮膚の水分や保湿成分の喪失を防いだり、皮膚に加わる外部からの刺激を和らげ、真皮や皮下組織を保護する働きがあります。

角質層の厚さは、体の部位によって異なり、手のひらや足の裏の角質層は最も厚くなっています。


透明層とは

透明層は、手のひら・足裏など皮膚の厚い箇所にのみ存在します。

ガラス状の層で、顆粒層と角質層の間にあり、この透明層は、密に圧迫され扁平で、中にはケラチンが充満しています。

皮膚の薄い部分では角質層と区別ができません。


顆粒層|顆粒細胞とは

顆粒層は扁平な顆粒細胞からなる数層の層で、角質層とともに、肌のバリア機能を発揮します。

実は、顆粒層では角質層へといくための総準備がなされているのです。顆粒層の細胞がきちんと働いてくれないとバリア機能の高い角質層は生まれません。

顆粒層の角化細胞は、フィラグリンの重合体であるプロフィラグリンが蓄えられているケラトヒアリン顆粒を細胞内に持っています。

顆粒層の角化細胞内のケラトヒラリン顆粒は、ガラス状の粒で、紫外線を強く屈折させ、 肌の奥へ紫外線が浸透するのを防ぎます。

また、この顆粒層でNMF(自然保湿因子)や細胞間脂質(セラミドなど)がつくられ、角質層に放出されるのです。


有棘層|有棘細胞とは

有棘層は表皮4層の中で一番厚い層で、有棘細胞が10層くらい重なって出来ています。

有棘細胞の表面は多くの細かい棘状に覆われていて、細胞どうしがかたく結合しています。

またこの有棘層の中には、ランゲルハンス細胞があり免疫機能に関わっている他、基底層で作られたメラニンを含んでいて、紫外線の透過を阻止しています。

皮膚に栄養(たんぱく質など)を与え老廃物の交換などを行うため、細胞間にリンパ液が流れています。


基底層|基底細胞とは

基底層とは表皮の一番下にある部分で、最も体の内部に近い部分のことをいいます。

基底層は常に新しい頭皮細胞を作り出して頭皮のターンオーバーのサイクルが始まる場所です。

基底層の働きは血液から栄養と酸素を受け取り、新しい細胞をつくる働きをしています。

そのため、食生活などの乱れによる栄養不足、特にたんぱく質不足や、タバコによる血行障害などが、
基底層で新しい細胞を作り出すときに影響を及ぼし、ターンオーバーがスムーズに行われなくなります。

つまり、毛母細胞や毛乳頭細胞が常に死んだ状態となり、古い、汚い頭皮のままになってしまい、
髪の毛が生えなくなってしまうという状況になるという訳です。恐ろしいですよね。

また、基底層は強い膜でできているため、真皮を保護するという役目もあります。

真皮まで及んだ傷は元には戻らないため、真皮をガードしているわけです。

毛細血管について

毛細血管とは

毛細血管は、細動脈と細静脈とを結ぶ網目状の血管です。
最も細い血管(5~20μm)です。

壁は単層の内皮細胞からなり、平滑筋はありません。壁の細胞のすきまを通して、血管内の血液中と組織の間で、栄養素、酸素、二酸化炭素、老廃物(ろうはいぶつ)などの物質交換が行われます

毛根を囲んでいる頭皮の毛細血管も同様に、育毛に最も大切な毛母細胞に血液を供給して栄養分を運びます。供給が滑らかにに行われていれば髪の毛は健やかに育成されています。

ところが、毛細血管が何らかの原因でつまったり、生活の乱れで血行が悪くなると毛母細胞に栄養が行きわたらなくなります。だから、髪の成長は止まり脱毛が始まるんですね。

なので、常に新陳代謝を活発化させ、血行を良くしておくことが大切です。

鉄は細胞の活動を高めるために必要な成分です。特に女性は不足しがちになります。

ビタミンB2・B6は、皮膚を整える働きがあります。
カプサイシンは、新陳代謝を促すので料理に上手く取り入れてください。

ビタミンEは、血行を促進させる作用があります。

ターンオーバーについて

ターンオーバーとは

ターンオーバーという言葉は、転換、再編成、入れ替わるといった意味ですが、美容では表皮の入れ替わりのことをいいます。表皮の一番下にある基底層で作られた表皮細胞は、有棘層で栄養を補給し、分裂しながら押し上げられていきます。

約28日かけて角化しながら角質層にたどり着き、死んだ細胞、角質細胞となり、最終的には垢となってはがれ落ちていきます。表皮細胞が生まれ、角質細胞となってはがれ落ちていくこのサイクルをターンオーバーといいます。

ターンオーバーによって、表皮細胞は常に新しいものに入れ替わっていることになります。このため表皮にできた傷は、痕にならずに治るわけです。爪や髪の毛が生えかわるのと同じイメージです。

ただ、傷が表皮を越えて真皮まで達してしまうと、真皮にはターンオーバーの仕組みがないため、痕が残ってしまう場合があります。これは傷だけに限らず、紫外線にも同じことが言えます。

紫外線によってメラニン色素ができても、表皮の中にいる分には、約28日後のターンオーバーでいっしょに体外へ出ていき、肌の色は元に戻ります。しかし色素が真皮までいってしまうと、基本的にはそこに残り続けることになり、これがシミとなるわけです。

このターンオーバーは、年齢とともに速度が遅くなっていき、40代になると、約40日かかるようになるといわれています。こうなると傷の治りも遅くなり、シミもできやすくなってしまいます。

また角質層の厚さが増し、逆に表皮の角質層より下の層が薄くなるため、肌がくすんだり、硬くなったり、シワができたりもします。

薄毛AGAって何?|ハゲと育毛ガイド
男性型脱毛症(AGA)、禿げる原因、男性ホルモンについてなどの育毛情報を掲載しています。
http://shanghai-fashion-co.com/

表皮|真皮|皮下組織

表皮とは

表皮は、体の部位によっても違いますが、厚さ0.2mm程度で、それが4つの層(角質層、顆粒層、有棘層、基底層)に分かれています。肌における表皮は、バリア機能、ターンオーバーなど、大事な役割を持っています。


真皮とは

表皮の下にあり、厚さ2mmほどの真皮ですが、その約70%がコラーゲンという弾力のある繊維でできています。このコラーゲンが網目状にはりめぐっているので、真皮は弾力性があり、肌も伸び縮みするわけです。

真皮には網目状のコラーゲンを支えるエラスチンという繊維もあります。真皮の5%を占めるエラスチンとコラーゲンは、年齢とともに減って息、これがシワやたるみの原因になるのです。

これらの繊維の間を埋め尽くすように存在しているのが、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、水分を大量に含むため、ヒアルロン酸が多いとみずみずしい肌になります。ただこれもまた、年齢とともに減っていくため、肌の水分も減っていきます。

その他に、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出している繊維牙細胞、皮脂を分泌する皮脂腺、汗を分泌する汗腺などが、真皮を形成しています。


皮下組織とは

皮下組織は皮膚3層構造の最も内側にある層で、大部分が皮下脂肪でできています。体の体温を保ち、外部からの衝撃を和らげる役割があり、表皮と真皮が効率良く働けるように支えています。

皮下組織には毛細血管があり、肌の明るさ、透明度に関係しています。また皮下組織の厚みは男女や年齢によって個人差があり、身体の部位によっても異なります。


◎脂肪を蓄え身体を暑さ寒さから守る、体温保持に重要な役割を担う。

◎エネルギーを貯蔵する。

◎内臓などの内部諸器官を外部の刺激や衝撃から保護するなどクッションの役割をする。


皮下組織には真皮と繋がる力があり、若いうちは“ガッチリ”と固定されているのですが、加齢と共にその力が衰えると皮下組織は下へ垂れ下がってしまいます。いわゆるこれが“タルミ”の原因なんでしょう。

頭皮の皮脂数は身体のどこよりも多い。だから・・・

皮脂とは、毛穴を通じて皮膚表面にでる脂のことです。
その他ワックス類の脂も含んでいます。

これが毛穴に詰まってしまうと、薄毛の原因となるのです。

皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織の3層から成っています。
そのうちの真皮の中にある脂腺というところで皮脂は作られていて、この脂は主に中性脂肪でできています。

皮脂は毛穴から出てきます。
そのため、毛穴のまったくない手のひらや足の裏からはでてきません。

毛の多い頭皮や、毛穴や脂腺の多い顔や背中などは、若い頃は特ににたくさん脂がでます。

男性ホルモンが脂腺に脂をたくさん作って分泌するように命令しているのですから、当然、若い男性であればなおさら多くでます。(女性にも男性ホルモンは含まれますが、男性の方が圧倒的に多いです)

それと、脂の分泌は男性ホルモンの影響だけでなく、気温の上昇によっても増えます。

また、脂っこい食事ばかりとれば、皮脂の分泌は増えると考えられます。
(草食動物に脂を食べさせると脂腺が大きくなり、皮脂分泌も増えた実験結果もあります)

頭皮の脂症が長く続くと、ピチロスポルムというカビがついて炎症を起こします。

このカビは脂を食べるのが好きなので、赤くてかゆい、フケの多い頭皮になります。

健康な頭皮は青白い色をしています。

人間の身体は外部から何らかの刺激があると、自らを守ろうとする働きをします。
この働きをする細胞を免疫担当細胞と言うのですが、頭皮にこれが集まって血管が拡張していると赤く見えるのです。

シャンプーが合わないために起こることもありますが、他にも誘因は多く特定はむずかしいようです。
いずれも髪を清潔に保ち続けることが大切なのですね。

髪を生やすための一番の近道は、まず、自分の体質を改善するということが大切です。

脂の分泌が多いだけで炎症がなければ、毎日シャンプーでしっかりと頭を洗い、食事には野菜を多くして、肉類や油物を少なくするようにしてください。

皮脂が多く分泌される体質なのであれば、それを改善することから始めましょう。
しいては健康のためにも絶対に良いことですからね。

様々な育毛剤について

無香料の育毛剤とは

無香料の育毛剤がありますが、その育毛剤が「無香料」だからと言って、全くニオイがしないという訳ではありません。
無香料の意味は、天然にしろ合成にしろ『香料を配合していない』というだけであって、育毛剤に配合されている他の成分自体にニオイがあったらニオイはします。

無香料の育毛剤を色々と使った経験上、成分がごちゃごちゃと沢山入っている育毛剤ほど、“ニオイがある”と感じています。ただし、乾くとニオイを感じなくなる育毛剤が多いようですね。


無添加の育毛剤とは

一般的に“無添加”とは、「合成化学物質を添加していない物」という認識があります。
ですが育毛剤や化粧品業界では、「旧表示指定成分不使用」という意味で、無添加表記をしているものがあります。
これは決して違法なわけではなく、そもそも、“無添加”表記の根拠は販売元に委ねられているのが現行であり、消費者側は、如何にそれを見極めるかが重要であるということです。
このページの『無添加の育毛剤』の分類定義は、旧表示指定成分不使用の育毛剤も含まれますが、無添加表記があっても医薬部外品であったり医薬品である場合は含めないこととしています。


生える育毛剤とは

育毛剤、様々な種類が発売されていますが機能の違いによって効果の表れ方が異なってくるようです。

「M-1発毛育毛ミスト」の場合はスプレータイプで頭皮に蓄積しているケアなの奥の老廃物を取り除く役割を行っています。(脱毛の原因が「毛穴に老廃物が詰まることによって発毛が阻害されている」タイプの人に有効となります。)
このタイプで効果が出る場合は、毛穴の老廃物を綺麗に取ることと、老廃物が詰まりにくくなるようにすることに加え頭皮の血行を促進するような機能を持った育毛剤を組み合わせるとさらに効果が上がるかもしれません。

(ピーリング効果を持つものは、使用しすぎると頭皮を傷めてしまう原因になる場合もあるため適度な間隔で使用すると良いですね。)
また、価格は1本約1万円(200ml)で、1ヶ月で効果がなかった場合は全額返金システムによって返金される制度が設けられています。

頭皮の皮脂が分泌されやすい、老廃物が蓄積しやすいタイプで脱毛が気になる人などは試してみるのも良いかもしれませんね。


男性ホルモン抑制タイプの育毛剤とは

「男性ホルモン抑制タイプ」の育毛剤の評判が気になるところですが、実際のところどのくらいの効果があるのでしょうか?

正規品の「プロペシア」、そのジェネリック医薬品の「フィンペシア」などが人気がありますが、「プロペシア」はもともとインドの製薬メーカーなので日本で使用するには輸入する必要があります。

正規品だとしても、輸入業者によって偽者になっていたりする場合があるようなのでそれに気付かず服用していたりすると本来は効果があるものも効果が表れなかったりします。

製品としては評判が良くても、関連する業者(輸入品の場合)もチェックしておいたほうがよいということになりますね。

個人で購入する場合は安心できる輸入業者を選ぶことも大事です。また、信頼できるクリニックから処方してもらったほうが良い場合はそういった選択肢もありますね。

評判が良い=自分に合うとは限らないので、ある程度情報収集をした上で製品を選択するようにしましょう。

育毛の基本は頭皮環境にある

ちょっと頭皮を動かしてみて下さい。シワが寄るほど動きますか?

実は、頭皮の柔らかさは、育毛環境に密接な繋がりがあります。
頭皮は土、髪を植物に例えると解りやすいですが、固い土に植物は育たないのと同じで、硬い頭皮に髪は育たないのです。

育毛剤を使い始めると産毛が生えてきます。(育毛剤の善し悪しによりますが…)
すごく感激して大事に大事にしますが、残念ながらそれ以上育たず、知らないうちに抜けてしまうことがあります。
これは頭皮が育毛に的した環境じゃないからです。つまり、固い土に芽は生えるけど大きく丈夫に育たないということです。

ということは?

育毛に適した環境になるまでケアを続けて『待つ』。これしかありません。
育毛剤は長く使ってなんぼとよく言われますが、その理由は頭皮環境の改善に時間がかかっているからなのです。

「毛が生えたけどすぐ抜けた」とすぐ諦めてしまう人がいますが、これは大きな間違い。
毛が生えたのは良い兆候。抜けて生えて、抜けて生えてを繰り返して頭皮環境は改善され、ヘアサイクルが整ってていきますから、地道にケアを続けるべきなんです。
諦めなかった者が勝つ!こう信じてコツコツ励みましょう。

頭皮環境を改善する方法

『肌は腸の表れ』と昔から言うように、頭皮環境の善し悪しも食生活が大きく左右します。

頭皮環境が悪化する原因には、食生活の他、睡眠時間と活動時間のバランスが悪いなどの生活スタイルの問題、シャンプーや育毛剤などの外的刺激の問題、精神的ストレスによるメンタルの問題、加齢によるホルモン分泌や脂質バランスの偏りの問題など様々なことが考えられます。

これだけ挙げるとウンザリして半ば諦めたくなりますが、ひとつひとつをみてみると、そう大変なことではありません。

例えば、食生活に野菜を増やしてみる、活動時間を長くして自然に寝れるようにする、スポーツをして基礎代謝を高める、ストレス発散を試みる、無添加のシャンプーや育毛剤に変える、抗酸化作用のあるお茶を飲む。ちょっと思いつくだけでもこれだけあります。
全部を直ぐに始めると大変なので、自分のできることから少しずつ、改善計画をスタートしてみてはどうでしょう。

薄毛が気になり始めた時の対処方法について

気がついたらだんだん髪が抜ける量が多くなった・・・
なんだか以前よりおでこが広くなってきた気がする・・・
など、今まであまり気にしたことがなかったけれど薄毛に悩むようになってくるということは良くあるようです。

このような場合、市販の育毛剤や民間療法をいろいろ試してみるというのも手ですが、原因がはっきりしない、本当に効果があるのか確証が持てないままどのくらい継続すればよいのか不安になる、ということも少なくないようです。

このような場合、情報収集をしっかし行いまず専門の医療機関を受診してみるというのもひとつの方法です。

また、脱毛が始まってあまりにも期間が経過し過ぎている(5~10年以上)場合は効果が出にくくなる傾向があるようなのでなるべく早めに対策を行ったほうが良いかもしれませんね。

また、服用するタイプの育毛用薬剤(ホルモン抑制剤)は副作用が表れる場合があるようなのでそういった面のサポートもしっかりしている機関にかかると良いですね。

妊娠時の薄毛と育毛剤について
http://usdaecuador.org/

はげの予防対策と改善法について

育毛のコツは髪が抜ける量が多くなってきた・・・くらいの早めの対処がポイントで、はげてしまう前の適切な対処が左右するといっても過言ではありません。

(早めの対応だと、復活する可能性があります。)
髪が抜けやすくなってきた、というのはいろんな原因が複数関連している場合もありますが、シャンプーの仕方が適切でないという場合もあります。

日ごろのケアが行き届いていないと洗い残しができてしまったり、それが原因のひとつとなっている可能性もないとは言い切れません。

頭皮の汚れが取れきっていない(皮脂が残ったまま、など)と、毛根が働着にくくなり血行も滞りがちになります。

その状態でいくら他の対策を行っても効果が出にくいものです。まずは日ごろのシャンプーの仕方などが正しくできているか、頭皮に良いシャンプー剤を使用しているかという基本的なところからチェックしていくと良いですね。

高価な製品を試す前に、日ごろのケアから見直してみるのも良いかもしれません。

抜け毛の予防対策と対処方法について

抜け毛対策と対処方法について

最近抜け毛が増えてきた・・・
なんていう場合、手っ取り早いのが「市販の育毛系シャンプー」を使ってみるというのがひとつの方法かもしれませんが、育毛系シャンプーにはそれぞれ特徴となる成分が配合されていたりするものです。

「馬油(まあゆ)」などもその成分のひとつとされていますが、具体的にどのような成分なのでしょうか?
馬の油と書くとおり、馬から抽出されているようですが、その精製過程で「酸化剤」や「還元剤」などの化学物質をなるべく使用していない製品のほうが良質と見なされるようです。

(その残留化学物質が皮膚に刺激を与えたりすることもあるそうです。)
馬油自体は皮下組織へ浸透しやすく、細胞を増殖させる作用や血行促進効果があるとされているため、適切な処理が施されている製品を選ぶことが重要かもしれませんね。

育毛関連のケア製品は他のシャンプー類に比べて比較的高級な部類に入るため、ある程度の期間使い続けることができるかも検討して取り入れるとよいかもしれません。

発毛と育毛の違いについて

発毛とは、頭皮を改善して髪の毛を新しく増やすことを発毛と言います。
また、毛髪が生える環境を整え毛を新しく生やすことを発毛と言います。
毛量を増加するのではなく、髪を太く長く成長させることで髪の密度を増加させ、薄毛などを目立たなくすることが発毛です。

育毛とは、抜け毛を防止し、地道に髪を育て、髪を増やす(髪を育てる)ことを育毛といいます。
正しいシャンプー法や規則正しい生活を心掛け、頭皮や髪の環境を整え、健康に保つことで抜け毛を防止しましょう。そして、ハリ・ツヤ・コシのある強い髪に育毛しましょう。



さて、発毛に成功するには育毛剤やサプリメント、育毛用シャンプーを使用するなど様々な方法がありますが、育毛機を使用するという方法もありますね。

「レーザー」を使用した「ヘアレーザープレミアム」というレーザー育毛機の場合は低出力レーザー波長と低周波電気で頭皮の細胞を活性化し、血行と代謝を促進する効果があります。5分~15分、出力レベル(電気刺激の強さ)も選べるため自分に合ったペースで手軽に使うことができます。特許も取得されているためそういった意味でも安心ですね。(ISO9001を取得。価格は49,800円です。)
血行を促進する効果と併せて髪の元となる栄養をバランスよく取得し、頭皮の老廃物をためないようにすることも大事です。

脱毛の場合もあまりにも時間が経ってしまうと本来効果があるはずのものでも効果が出にくくなる場合があります。

「なんとなく髪が気になる」場合は早めに対策をとるようにしていくと良いかもしれませんね。

また、こちらのタイプは血行を促進するという機能なので男女ともに使用できます。

育毛に効くシャンプーってどんなの?

『シャンプーで髪が生えることはありません!』

シャンプーはあくまでも頭皮と髪を洗浄するもので、髪に悪影響を与えないシャンプーが育毛シャンプーと呼べるものです。
シャンプーには大きく分けて3タイプのシャンプーがあります。育毛・発毛に適しているシャンプ、育毛剤と一緒に使いたいシャンプーはどのタイプのシャンプーか?

育毛や発毛を期待する人に一番適しているのが『アミノ酸系のシャンプー』です。アミノ酸系のシャンプーは、使ったその日から違いが解るほど頭皮や髪に優しく、ヘアサイクルの乱れに与える刺激が、最も少ないシャンプーです。
育毛剤を使っている人、つまり毛の薄い人はシャンプージプシーです。
シャンプーで毛は生えないとは解っていても、『発毛』『抜け毛予防』なんてキャッチがついたシャンプーをみると、ついつい買ってしまいます。

昨今では、髪に優しい・頭皮に優しいと「ノンシリコンシャンプー」なるものが流行りだし、ドラッグストアのシャンプーコーナーの一番目立つところを占領しています。
私も使ってみましたが、良い香りがするのと、毛がサラサラになる以外、禿げには特別良いシャンプーではなかったと評価しています。(みごとに釣られました)
おそらくノンシリコンシャンプーは、長い髪のケアをする女性に合っていると思います。あの香りといい、女性向きです。


本格的に育毛剤を使うようになって育毛や発毛の勉強をしだしてから知ったのが、
「頭皮細胞を傷つけないシャンプー選び」です。

そのシャンプーが、必要な脂質までとってしまうシャンプーでは、
フケの多発や抜け毛の原因になってしまいます。これが市販されているシャンプーに最も多いタイプのシャンプーです。
『合成高級アルコール系シャンプー』(ひと昔前は石油系シャンプーと言っていました)と言えばピンとくる人も多いでしょう。


育毛剤と合わせて使いたいシャンプーとは、ズバリ『アミノ酸系のシャンプー』です。
値は張りますが、頭皮への優しさは使ったその日から解ります。
数少ない大切な髪も軋むことなく、ふわふわで風になびきます。

『石鹸系のシャンプー』も悪くはないのですが、やはり皮脂を取りすぎるのか、髪が軋んで切れやすくなる感じがします。

せっかく育毛剤を使うんですから、少々値が張ってもシャンプーにも気を使って下さい。
いえ、シャンプーこそ、トラブルを無くす防止になるかもしれません。

発毛の司令塔である毛乳頭細胞について

毛乳頭細胞とは

毛乳頭細胞は発毛の司令塔です。

発毛の過程には、毛乳頭細胞、外毛根鞘細胞(がいもうこんしょう)、内毛根鞘細胞(ないもうこんしょう)、毛母細胞、脂肪細胞、毛包幹細胞、色素幹細胞、メラノサイトなどたくさんの細胞が巧妙な仕組みで働いています。この他にも、FGF5, TGF-β1などの生体分子も、発毛やヘアサイクルの制御に欠くことができない物質であり、毛の成長期や休止期などによって、それぞれの働きをします。

これらの生体分子群はシグナル伝達物質と呼ばれており、細胞間や細胞内を伝達し、必要な時に必要な場所で生産・分泌されています。つまり「髪が抜けたから新しい髪を生やそう」というシグナルを出し、 “発毛”というプロセスを実行しているのがシグナル伝達物質の働きです。
このシグナル伝達物質を支配しているのが『毛乳頭細胞』です。

ですから毛乳頭細胞が活性化していると、発毛プロセスやヘアサイクルは正常に行われ、生えた毛も丈夫に育毛されるという訳です。

発毛と育毛の仕組みと毛乳頭細胞の関係


毛乳頭細胞は血管に近い部分にあります。
発毛に至るまでのプロセスは、毛乳頭細胞の中で発毛伝達物質であるBMPやエフリンといった生体分子が発毛シグナルを出します。その発毛シグナルを受け毛母細胞や内毛根鞘細胞が活性化し、発毛となります。

ヘアサイクルの成長期には、成長期に必要な生体分子がシグナルを出し、細胞が活性化され毛が成長します。退行期には退行期の、休止期には休止期のシグナルが伝達され、それぞれの細胞の働きによって一連のヘアサイクルが成されます。

この生体分子と細胞のシグナル伝達を司るのが毛乳頭細胞であり、毛乳頭細胞が正常に代謝されていないと、発毛やヘアサイクルのシグナルを発することも、毛を成長させることも難しい状態となります。

毛乳頭細胞が正常に代謝されるためには、頭皮を傷つけないヘアケアをする、日々の食事をバランスよくする、睡眠時間を細胞の再生に沿うよう心掛ける、精神的ストレスを溜め込まない、適度の運動をする等、生活全般に気を使う必要があります。

特に、外的刺激となるシャンプー、リンス(コンディショナーやトリートメント)、整髪料、育毛剤などは、絶対に頭皮(細胞)を傷つけるものは使用してはいけません。
ヘアケアや育毛をするつもりが、発毛やヘアサイクルの要である毛乳頭細胞を死滅させることに繋がり兼ねませんので、ヘアケア製品や育毛剤は『安全性』を重要視して選ぶことが大切です。

毛乳頭.com
http://xn--fkqt03em2lxodnq2b.com/

発毛の司令塔である毛母細胞について

毛母細胞とは

毛母細胞は発毛の司令塔です。

発毛の過程には、毛母細胞、外毛根鞘細胞(がいもうこんしょう)、内毛根鞘細胞(ないもうこんしょう)、毛乳頭細胞、脂肪細胞、毛包幹細胞、色素幹細胞、メラノサイトなどたくさんの細胞が巧妙な仕組みで働いています。この他にも、FGF5, TGF-β1などの生体分子も、発毛やヘアサイクルの制御に欠くことができない物質であり、毛の成長期や休止期などによって、それぞれの働きをします。

これらの生体分子群はシグナル伝達物質と呼ばれており、細胞間や細胞内を伝達し、必要な時に必要な場所で生産・分泌されています。つまり「髪が抜けたから新しい髪を生やそう」というシグナルを出し、 “発毛”というプロセスを実行しているのがシグナル伝達物質の働きです。
このシグナル伝達物質を支配しているのが『毛母細胞』です。

ですから毛母細胞が活性化していると、発毛プロセスやヘアサイクルは正常に行われ、生えた毛も丈夫に育毛されるという訳です。

発毛と育毛の仕組みと毛母細胞の関係


毛母細胞は血管に近い部分にあります。
発毛に至るまでのプロセスは、毛母細胞の中で発毛伝達物質であるBMPやエフリンといった生体分子が発毛シグナルを出します。その発毛シグナルを受け毛母細胞や内毛根鞘細胞が活性化し、発毛となります。

ヘアサイクルの成長期には、成長期に必要な生体分子がシグナルを出し、細胞が活性化され毛が成長します。退行期には退行期の、休止期には休止期のシグナルが伝達され、それぞれの細胞の働きによって一連のヘアサイクルが成されます。

この生体分子と細胞のシグナル伝達を司るのが毛母細胞であり、毛母細胞が正常に代謝されていないと、発毛やヘアサイクルのシグナルを発することも、毛を成長させることも難しい状態となります。

毛母細胞が正常に代謝されるためには、頭皮を傷めないヘアケアをする、日々の食事をバランスよくする、睡眠時間を細胞の再生に沿うよう心掛ける、精神的ストレスを溜め込まない、適度の運動をする等、生活全般に気を使う必要があります。

特に、外的刺激となるシャンプー、リンス(コンディショナーやトリートメント)、整髪料、育毛剤などは、絶対に頭皮(細胞)を傷つけるものは使用してはいけません。
ヘアケアや育毛をするつもりが、発毛やヘアサイクルの要である毛母細胞を死滅させることに繋がり兼ねませんので、ヘアケア製品や育毛剤は『安全性』を重要視して選ぶことが大切です。

毛母細胞.com
http://xn--3ow1a212ixod.com/
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ikumou3k1

Author:ikumou3k1
FC2ブログへようこそ!

リンク
相互リンク
RSSリンクの表示
このブログを購読

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブロとも一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ購読者向けメールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム
相互リンク・検索エンジン関連

相互リンク
ネットショップ開業のためのサイト「ショッピングカート比較navi@マイレージでJALやANAのマイルをチェック 視力回復手術についての情報サイト「@レーシック」です。 人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
bi
xva検索エンジン 登録ASSISTANT
xvbバイブの通販
xvc相互リンクSUPPORTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。