スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭皮湿疹と頭皮アトピーの違い

と頭皮湿疹と頭皮アトピーは、非常によく似た症状が発生します。そのため、詳しく観察、検査を行わないと、専門医であってもしばしば誤診することがあります。

そういうこともありますから、発症者個人でもどんな症状がでたかをしっかり見極めておくことが大切でしょう。

頭皮湿疹も頭皮アトピーも、頭部に赤い湿疹が発生し、かゆみやフケなどの症状がでます。
また、頭皮湿疹は、脂漏性皮膚炎の1種とも考えられますが、この場合、症状が頭皮のみにとどまらず、身体のいたるところに飛び火する場合もありますから、さらにやっかいなのです。

頭皮のアトピーの患者の場合は、アレルギー性喘息や鼻炎などになる可能性も高く、約80%の人が5歳までに発症するため、以前は子供のみの病気だと思われていましたが、成人の急な発症なども目立つようになり、その背後には、ストレスに満ちた生活習慣などがあると考えられています。
しかし、はっきりとした因果関係は今なお解明されていないので、難病とされています。

頭皮のアトピーの場合、血液検査を行うことで大まかなアレルゲンを絞り込むことも可能で、それを手がかりにステロイド剤の利用を中心とした治療が行われます。
ステロイド剤に関しては副作用などを危ぶむ声もありますが、効果は絶大で、医師の処方を守っている限りはそれほど副作用の心配をする必要もありません。


一方で頭皮湿疹の場合は、頭皮の皮脂に含まれているトリグリセリドと呼ばれる中性脂肪の1種が、癜風菌などの真菌類によって分解され、遊離脂肪酸と呼ばれる物質に変化します。それがかゆみなどの原因となっていると考えられています。頭皮湿疹でも治療の中心はステロイド剤となりますが、ビタミン剤なども必要に応じて使用されます。
スポンサーサイト

今、頭皮ケアブームは上昇中なんです!だから…

日本人の女性モデルを多用する資生堂のシャンプーシリーズ「TUBAKI」、漢方の「いち髪」、アジアンビューティーを主とする「アジアンス」から始まるゆるやかな黒髪ブームが、有名アイドルや芸能人も黒髪が多いこともあり、雑誌等で育毛・頭皮ケアの企画を見かけるようになっています。

ですから、トレンドを先読みしていることになるので、育毛ケア・頭皮ケアは、何も恥かしいことではないのです。


しかしながら、抜け毛や薄毛というのは、大変デリケートな問題です。

自分で気にしているほどまわりは気にしていないという場合も実際には多いのですが、本人にしてみれば大きな問題です。


抜け毛も、薄毛も、病気と同じ扱いを受けて当然なぐらいの悩みなのに、周りにそれを知られるのは恥ずかしいというこの気持ちのギャップの差が本人を苦しめてしまうものです。その気持ち、とてもよくわかります。


いくつか育毛剤を試したけどダメだったからもう止めようかな、とか育毛剤を使うのは恥ずかしいから止めようかな、とかもし思っているのでしたら、是非育毛剤を続けて使ってみてください。


なぜなら育毛剤を使うことで、あなたのなんとかしたい、治したいという気持ちを持続させることができるから。諦めてしまったらそこで終わりです。


抜け毛も、薄毛も、一度症状が出始めたら自然に治ることはまずありません。くどいようですが、遺伝が原因といわれるものでも、ストレスが原因といわれるものでも、たとえ原因不明であっても、何かをしなければ悪くなる一方です。


育毛剤を使うことであなたが治したいという気持ちを持続できるものならば、育毛はできるはずです。そして、使うなら少なくとも同じものを半年以上は続ける必要があります。

抜け毛の原因が頭皮のケア方法を間違えている事も結構あります。

洗浄力の強いものを避けて、程よく皮脂を残すことが一番の頭皮ケアと抜け毛の予防になります。

フケは頭皮の角質細胞って知っていましたか?

フケの正体は頭皮の角質細胞って知っていましたか?
角質細胞のアカ(フケ)は、体につく汚れ(アカ)と同じように、新陳代謝によって古くなった角質細胞が剥がれ落ちたものです。
新しい細胞が生まれてから古い細胞が剥がれ落ちる、この繰り返しのサイクルを普通は1ヶ月から1ヶ月半くらいで行っていますが、それが早くなればなるほどにフケの発生する量が多くなります。そのため、フケが目立ってしまうというわけです。
フケに悩む人の中には、このターンオーバーのサイクルが2週間という短い人もいて、頭皮環境が最悪な人がたくさんいます。
何故、頭皮の角質細胞サイクルは、早くなるのでしょうか。
実のところ、フケを引き起こす要因は人によって様々で、その全てが解明されているわけではありません。
角質細胞、フケは、生活習慣・食事が不規則になったり、ストレスが溜まってしまうことや、寝不足等が続いたり、使用しているシャンプーやリンス、石鹸や化粧品が肌にあっていなかったり、使い方を間違っていたり、現代社会を取り巻くあらゆる環境が新陳代謝やターンオーバーのサイクルにも影響を与えていると言われています。
さらに最近では、角質細胞の研究でカビ(真菌)とフケには深い関係があると明らかにされ、注目されています。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ikumou3k1

Author:ikumou3k1
FC2ブログへようこそ!

リンク
相互リンク
RSSリンクの表示
このブログを購読

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブロとも一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ購読者向けメールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム
相互リンク・検索エンジン関連

相互リンク
ネットショップ開業のためのサイト「ショッピングカート比較navi@マイレージでJALやANAのマイルをチェック 視力回復手術についての情報サイト「@レーシック」です。 人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
bi
xva検索エンジン 登録ASSISTANT
xvbバイブの通販
xvc相互リンクSUPPORTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。