スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酵素で新陳代謝を活性化して細胞活性化

毛細血管を通って、毛母細胞に栄養素は運ばれます。
毛母細胞は、毛髪を生やすために司令塔と言っても過言ではありませんから、血液の流れが良くないと、毛母細胞に栄養が生き届かないため、毛母細胞も細胞分裂して成長することができません。

そこで、血行を良くする、新陳代謝に必要な酸素を吸収することで、細胞の活性化を図りましょう。


1,生きるために絶対になくてはならない酵素
 
 戦後、欧米からもたらされた栄養学では炭水化物、タンパク質、脂肪の三大栄養素が、ヒトが生きていく上で必要な栄養素であるとされました。
その後、炭水化物だけを摂っても、エネルギーとしてうまく代謝しないということで、 『ビタミンやミネラル』が加わり、五大栄養素となります。そしてさらに、体内では消化されない、と言う理由から、それまでは見過ごされてきた、 『食物繊維』が6番目に加わりました。

 もちろんこれらの栄養素も生きていくためには大切ですが、それよりも、私たちの生命を維持する上で、もっと大切なものが『酵素』なのです。

 酵素と聞くと、ほとんどの人が「消化酵素」と連想されると思います。
しかし、酵素は、食べたものを消化吸収するばかりでなく、息をしたり、筋肉を動かしたり、一切の生命活動に関与しています。「代謝酵素」と呼ばれるものです。
もし、酵素の働きがなければ、私たち人間も動物も生きることはできません。
酵素は、生命活動の主役であり、源なのです。

2,ビタミンやミネラルと酵素の共同作業

 栄養サプリメントのムダな飲み方してませんか。
今、流行のビタミンやミネラルなどの、栄養サプリメントを、身体に良いということで、飲んでる方が大勢いらっしゃると思います。
しかし、ビタミンCやカルシウムなどの微量なミネラルは、栄養ドリンクを飲んでいても、今ひとつ効き目が現れないということも多いのではないかと思います。
この問題を解く鍵が、酵素にあります。

 いくらビタミンやミネラルを摂っても、酵素がなければ身体の中で十分に働けません。酵素あってのビタミン・ミネラルなのです。今やビタミン・ミネラルは、この酵素の働きを助けるという役割があるという意味で、「補酵素」と言われるようになっているのです。

3,残念ながら、一つの仕事しかできない酵素

 酵素の構造を簡単にいうと、ミネラルの周りにタンパク質が巻き付いたものといえます。
酵素の中心になるミネラルの種類や、タンパク質の巻き付き方によって、様々な種類があります。
今発見されている酵素は、約3000種で、今後も新しい酵素が、どんどん発見されていくでしょう。

 しかし、3000種あるといっても、それぞれの酵素は、それぞれ一つの仕事しかできません。

 例えば、消化酵素として有名な「アミラーゼ」という物質があります。
これは、唾液の中に含まれているもので、デンプンを分解する酵素です。
しかし、アミラーゼは、タンパク質を分解することはできません。
ちなみに、タンパク質を分解するのは、「プロテアーゼ」という酵素ですが、逆に、プロテアーゼは、デンプンを分解することはできないのです。

4,熱によって変成する酵素

 酵素を成り立たせているのがタンパク質ですから、酵素の特徴としてあげられるのが、熱に弱いということです。

 酵素は加熱されると、蛋白が変成して、酵素ではなくなってしまいます。
一般的に、酵素が耐えられる温度は、50~70度程度までとされています。

 つまり、加熱した食べ物に、酵素の働きがある成分は含まれていません。
このため、普段の食生活において、加熱したものばかり食べず、酵素の入っている、生野菜などの食品を摂るように心がけなければなりません。

5,発酵食品や生の食べ物(新鮮なもの)には酵素がある

 酵素は、新鮮な生の食べ物に含まれています。生の肉や魚、生野菜、果物には、全て、酵素が入っています。
また、日本には、多くの発酵食品があります。みそ、納豆、糠付けなどなど・・・。この発酵食品にも、酵素が豊富に含まれています。

 この生の食べ物や発酵食品に含まれている酵素のことを食物酵素といいます。
焼き魚には、必ず、大根下ろしがついてきますよね、あの大根おろしは、焼き魚と一緒に食べると食物酵素として消化を助けてくれるので、できる限り、残さず、一緒に食べるようにしましょう。
スポンサーサイト

バイオカルチャー頭皮細胞活性法

バイオカルチャー頭皮細胞活性法とは

バイオカルチャー頭皮細胞活性法とは、3ヶ月でほとんどの人が「高度活性法」を認知させてもらえる方法です。

あなたの髪の毛は今日まで何年何十年もかけて抜け落ちてきています。
頭皮の状況も今、生えているところは別として、部分部分で退化状況が違っています。

「ある程度ここまで生えたがこれ以上駄目だった。」とか
「少し高濃度にしたら領域が広がった。」とか

しかし今度は髪が伸びすぎて困ったなど、様々な体験談がありますが、それを解決してくれるのが、バイオカルチャー頭皮細胞活性法です。

ある会社のバイオカルチャー10000というものがありますが、これは育毛剤・養毛剤ではありません。

頭皮に高濃度の細胞活性力を与えると、毛穴等から吸収され、多くの要因により劣化して薄くなり、頭蓋骨に張り付いてしまった頭皮が、やがて厚く柔らかくなり、頭蓋骨との間を動くようになります。
しかし初めから高濃度を使用すると、お酒が飲めない人に強い酒を飲ますのと同じように体に不調が生じます。
そこで1~3ヶ月の期間を設け、低濃度から高濃度まで段階的に濃度を上げる事により、頭皮細胞は飛躍的に活性し、頭皮は柔らかくなり、厚みを増して、かって髪の毛があったときのような細胞に戻っていきます。
そしてそれぞれの頭皮の細胞状況には、大変大きな個人差はあるものの、髪は必然的に生えてしまうというビックリな育毛治療方法なのです。







分子ピーリングによる頭皮再生型育毛法

デュアルアクション分子ピーリングによる頭皮再生型育毛法とは?

1.毛穴と頭皮をナチュラルピーリング:不要な角質層や余分な皮脂や汚れを優しく分解除去。*過度の除去は皮脂の過剰分泌を招き逆効果です。

2.頭皮を柔らかく:活性化超低分子によって、ヘアサイクルに関わる一連の細胞群を賦活化し、細胞分裂の促進、スキンターンオーバーの正常化を介して頭皮の再生化(リジェネレーション)を促す。

3.潤滑な栄養吸収:超低分子化されたペプチド群が毛乳頭細胞を活性化し、栄養の吸収をスムーズ促す。

4.発毛シグナル増進:毛乳頭細胞(ヘアサイクルの司令塔)からの発毛シグナルを増進する。

このように、デュアルアクション 分子ピーリングによる再生型育毛法とは、頭皮の外側と内側から働きかける(デュアルアクション)ことにより発毛を促す再生型育毛方法のことなのです。

このデュアルアクション 分子ピーリングによる再生型育毛法を使用した育毛剤が、口コミで大人気の『育毛ミストM-1』です。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ikumou3k1

Author:ikumou3k1
FC2ブログへようこそ!

リンク
相互リンク
RSSリンクの表示
このブログを購読

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブロとも一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ購読者向けメールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム
相互リンク・検索エンジン関連

相互リンク
ネットショップ開業のためのサイト「ショッピングカート比較navi@マイレージでJALやANAのマイルをチェック 視力回復手術についての情報サイト「@レーシック」です。 人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
bi
xva検索エンジン 登録ASSISTANT
xvbバイブの通販
xvc相互リンクSUPPORTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。