スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚の構造について

皮膚の構造について


角質層|角質細胞とは

角質層は、下から新しい細胞が出来てくるたびにアカとなって剥がれ落ちることで一定の厚みが保たれています。

角質層は皮膚細胞が角化(表皮の細胞が角質細胞に変化する現象)の途中で、細胞核を失ったもので、いわゆる死んだ細胞です。もちろん死んでいるからといって不要な細胞ではなく、さまざまな役割を担っています。

また私たちが普段「肌がキレイ」「肌が荒れている」「肌が潤っている」「頭皮がかゆい」「フケがでてる」
「頭皮がテカッている」など、肌や頭皮の状態をいうときは、この角質層のことを指しています。

角質層には、細菌やウイルスなどの異物が体内に侵入するのを防いだり、皮膚の水分や保湿成分の喪失を防いだり、皮膚に加わる外部からの刺激を和らげ、真皮や皮下組織を保護する働きがあります。

角質層の厚さは、体の部位によって異なり、手のひらや足の裏の角質層は最も厚くなっています。


透明層とは

透明層は、手のひら・足裏など皮膚の厚い箇所にのみ存在します。

ガラス状の層で、顆粒層と角質層の間にあり、この透明層は、密に圧迫され扁平で、中にはケラチンが充満しています。

皮膚の薄い部分では角質層と区別ができません。


顆粒層|顆粒細胞とは

顆粒層は扁平な顆粒細胞からなる数層の層で、角質層とともに、肌のバリア機能を発揮します。

実は、顆粒層では角質層へといくための総準備がなされているのです。顆粒層の細胞がきちんと働いてくれないとバリア機能の高い角質層は生まれません。

顆粒層の角化細胞は、フィラグリンの重合体であるプロフィラグリンが蓄えられているケラトヒアリン顆粒を細胞内に持っています。

顆粒層の角化細胞内のケラトヒラリン顆粒は、ガラス状の粒で、紫外線を強く屈折させ、 肌の奥へ紫外線が浸透するのを防ぎます。

また、この顆粒層でNMF(自然保湿因子)や細胞間脂質(セラミドなど)がつくられ、角質層に放出されるのです。


有棘層|有棘細胞とは

有棘層は表皮4層の中で一番厚い層で、有棘細胞が10層くらい重なって出来ています。

有棘細胞の表面は多くの細かい棘状に覆われていて、細胞どうしがかたく結合しています。

またこの有棘層の中には、ランゲルハンス細胞があり免疫機能に関わっている他、基底層で作られたメラニンを含んでいて、紫外線の透過を阻止しています。

皮膚に栄養(たんぱく質など)を与え老廃物の交換などを行うため、細胞間にリンパ液が流れています。


基底層|基底細胞とは

基底層とは表皮の一番下にある部分で、最も体の内部に近い部分のことをいいます。

基底層は常に新しい頭皮細胞を作り出して頭皮のターンオーバーのサイクルが始まる場所です。

基底層の働きは血液から栄養と酸素を受け取り、新しい細胞をつくる働きをしています。

そのため、食生活などの乱れによる栄養不足、特にたんぱく質不足や、タバコによる血行障害などが、
基底層で新しい細胞を作り出すときに影響を及ぼし、ターンオーバーがスムーズに行われなくなります。

つまり、毛母細胞や毛乳頭細胞が常に死んだ状態となり、古い、汚い頭皮のままになってしまい、
髪の毛が生えなくなってしまうという状況になるという訳です。恐ろしいですよね。

また、基底層は強い膜でできているため、真皮を保護するという役目もあります。

真皮まで及んだ傷は元には戻らないため、真皮をガードしているわけです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ikumou3k1

Author:ikumou3k1
FC2ブログへようこそ!

リンク
相互リンク
RSSリンクの表示
このブログを購読

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブロとも一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ購読者向けメールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム
相互リンク・検索エンジン関連

相互リンク
ネットショップ開業のためのサイト「ショッピングカート比較navi@マイレージでJALやANAのマイルをチェック 視力回復手術についての情報サイト「@レーシック」です。 人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
bi
xva検索エンジン 登録ASSISTANT
xvbバイブの通販
xvc相互リンクSUPPORTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。