スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表皮|真皮|皮下組織

表皮とは

表皮は、体の部位によっても違いますが、厚さ0.2mm程度で、それが4つの層(角質層、顆粒層、有棘層、基底層)に分かれています。肌における表皮は、バリア機能、ターンオーバーなど、大事な役割を持っています。


真皮とは

表皮の下にあり、厚さ2mmほどの真皮ですが、その約70%がコラーゲンという弾力のある繊維でできています。このコラーゲンが網目状にはりめぐっているので、真皮は弾力性があり、肌も伸び縮みするわけです。

真皮には網目状のコラーゲンを支えるエラスチンという繊維もあります。真皮の5%を占めるエラスチンとコラーゲンは、年齢とともに減って息、これがシワやたるみの原因になるのです。

これらの繊維の間を埋め尽くすように存在しているのが、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、水分を大量に含むため、ヒアルロン酸が多いとみずみずしい肌になります。ただこれもまた、年齢とともに減っていくため、肌の水分も減っていきます。

その他に、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出している繊維牙細胞、皮脂を分泌する皮脂腺、汗を分泌する汗腺などが、真皮を形成しています。


皮下組織とは

皮下組織は皮膚3層構造の最も内側にある層で、大部分が皮下脂肪でできています。体の体温を保ち、外部からの衝撃を和らげる役割があり、表皮と真皮が効率良く働けるように支えています。

皮下組織には毛細血管があり、肌の明るさ、透明度に関係しています。また皮下組織の厚みは男女や年齢によって個人差があり、身体の部位によっても異なります。


◎脂肪を蓄え身体を暑さ寒さから守る、体温保持に重要な役割を担う。

◎エネルギーを貯蔵する。

◎内臓などの内部諸器官を外部の刺激や衝撃から保護するなどクッションの役割をする。


皮下組織には真皮と繋がる力があり、若いうちは“ガッチリ”と固定されているのですが、加齢と共にその力が衰えると皮下組織は下へ垂れ下がってしまいます。いわゆるこれが“タルミ”の原因なんでしょう。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ikumou3k1

Author:ikumou3k1
FC2ブログへようこそ!

リンク
相互リンク
RSSリンクの表示
このブログを購読

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブロとも一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ購読者向けメールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム
相互リンク・検索エンジン関連

相互リンク
ネットショップ開業のためのサイト「ショッピングカート比較navi@マイレージでJALやANAのマイルをチェック 視力回復手術についての情報サイト「@レーシック」です。 人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
bi
xva検索エンジン 登録ASSISTANT
xvbバイブの通販
xvc相互リンクSUPPORTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。