スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角化細胞(ケラチノサイト)と色素細胞(メラノサイト)について

角化細胞(ケラチノサイト)とは

角化細胞(ケラチノサイト)は、皮膚を構成する主要な細胞のひとつです。

角化細胞(ケラチノサイト)は、基底層の幹細胞に由来し、表皮の角化を司る細胞です。
この角化細胞(ケラチノサイト)は、表皮最下層の基底細胞層で生成され、細胞分裂して約2週間で角片(アカ)となって剥脱します。例えば、「汚れがたまり皮膚が厚くなる」という状態もこの角化細胞(ケラチノサイト)が原因です。

角化細胞(ケラチノサイト)は表皮の約80%を占めていて、皮膚の水分保持やバリア機能を維持するための重要な役割を果しています。また、他の免疫細胞を活性化させるなど免疫応答や炎症反応にも重要な役割を担っているのです。

「角質除去で清潔な肌へ!」などのは、この角化細胞(ケラチノサイト)と関わりがあるということですね。
この角化細胞(ケラチノサイト)がなくなると、バリア機能が機能しなくなり、外的刺激などから影響を受けやすくなり、炎症などの肌あれが発生するため、要注意ですね。

つまり、頭皮の角化細胞(ケラチノサイト)がなくなれば、炎症を起こしやすくなるということです。


色素細胞(メラノサイト)とは

色素細胞(メラノサイト)は、表皮最下層の基底細胞間に介在しているもので、メラニンをつくり出している細胞になります。

メラニンを産生する細胞です。紫外線を浴びることなどで活性化をします、
そして、そのことで、メラニン色素をたくさんつくり出し、これがシミの原因となります。
もちろん、皮膚の衰えも激しく、シワもできやすくなります。

頭皮も紫外線の浴びすぎにより、衰えがスピードアップし、若ハゲなどと言ったことが起こるのかもしれないですね。帽子を被らない人って多いですからね・・・

それ以外にも、髪の毛の色にも深い関係があるものになります、加齢などによって色素細胞(メラノサイト)の働きが弱くなってしまったりすると、少なくなってしまったりすると、髪を黒くするメラニンが作られなくなってしまうために、それが原因で白髪にってしまうということが言われています。

白髪を発見した時、年をとった気分になるのでイヤーな感じになりますよね。(笑)

白髪が増えてくるのは40歳前後といわれますが、医学的に解明できていない部分が多く、予防が難しいのが現状のようです。美容院に行って白髪はどうしてなるのかと美容師さんに尋ねたところ、遺伝的な要素もあるとのことでした。

遺伝といわれると太刀打ちできない感じがありますね。
だけどやっぱり黒い髪の中に白いものが混じるととても気になります。

年齢を重ねるにつれて色素細胞の能力が衰え、毛髪の色素が消失した状態のことを白髪というみたいです。

毛髪は、もともとは白く、それを黒く見せているのは色素細胞(メラノサイト)がつくり出すメラニン色素のはたらきにあります。

その色素細胞(メラノサイト)のはたらきが、何らかの原因で弱まったり消失したりすることによって髪を黒くするメラニン色素がつくれないと白髪になってしまいます。

髪の毛の色は、毛髪が成長する過程のどこかで毛髪内にメラニン色素が取り込まれることで決まるようなので、毛髪の生え変わりの時期が大切になります。

髪の毛のできるヘアサイクルという成長期・退行期・休止期がスムーズに行なわれるようにすることも重要ですね。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Author:ikumou3k1
FC2ブログへようこそ!

リンク
相互リンク
RSSリンクの表示
このブログを購読

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブロとも一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ購読者向けメールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム
相互リンク・検索エンジン関連

相互リンク
ネットショップ開業のためのサイト「ショッピングカート比較navi@マイレージでJALやANAのマイルをチェック 視力回復手術についての情報サイト「@レーシック」です。 人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
bi
xva検索エンジン 登録ASSISTANT
xvbバイブの通販
xvc相互リンクSUPPORTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。