スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいシャンプーの使い方

頭皮は洗わなければ、皮脂等の汚れで不衛生となり、また強く洗い過ぎるのも痛む原因となります。

また、シャンプーも多く使い過ぎると、すすぎきれず、頭皮にシャンプー剤が残り、少なければ、汚れを落としきれず、適度なシャンプーをする方法の仕方というのはとても難しいです。


頭髪の洗い方としては以下の通りです。

①シャンプーを付けずに軽くシャワーで洗う。まだ頭皮が硬い状態なので、こすったりせずお湯をかけて湿らす程度にする。

②お風呂につかり血行が良くして頭皮を柔らかくする。
(余裕があれば暖かく湿らせたタオルを頭にまくと血行が促進され良い)

③シャンプーは適量を手に取り泡立ててから頭髪に付ける。
(シャンプーは刺激の強いものは避ける。無添加の無添加天然アミノ酸シャンプー がお勧め)

④爪を立てない様に指の腹で揉む様に洗う。この時、頭皮の皮脂を押し出す様に頭皮を軽く動しマッサージをする様に揉むと良い。

⑤少し熱めのお湯ですすぐ(温度が高めの方がシャンプーを落としやすい)

洗髪時のすすぎの段階で冷水をかけると、頭皮が引き締まり活性化されます。
冷水をかけた後に、暖かいお湯をかける事で、収縮した血管が拡張して血行が良くなります。

冷水→温水を何度か繰り返すと効果的です。

ただし、注意が必要なのは、温度差がありすぎると健康を害し、逆効果だったりするので体調を考え無理をしない
ようにしてください。

フケは、頭皮の角質細胞がはがれ落ちたものですが、
新陳代謝の流れのひとつなのでフケが出る事自体は正常なことなのです。
ただ、フケが出る量が多くなると、かゆみの元となるとともに、抜け毛の原因にもなってしまいます。

頭皮が不衛生な状態だと細菌が付着し皮脂などを栄養に繁殖し、フケが出来るサイクルを早めてしまいます。

頭皮を清潔に保つ為に定期的な洗髪、自分にあったシャンプー選びが本当に重要となるのです。


スポンサーサイト

角化細胞(ケラチノサイト)と色素細胞(メラノサイト)について

角化細胞(ケラチノサイト)とは

角化細胞(ケラチノサイト)は、皮膚を構成する主要な細胞のひとつです。

角化細胞(ケラチノサイト)は、基底層の幹細胞に由来し、表皮の角化を司る細胞です。
この角化細胞(ケラチノサイト)は、表皮最下層の基底細胞層で生成され、細胞分裂して約2週間で角片(アカ)となって剥脱します。例えば、「汚れがたまり皮膚が厚くなる」という状態もこの角化細胞(ケラチノサイト)が原因です。

角化細胞(ケラチノサイト)は表皮の約80%を占めていて、皮膚の水分保持やバリア機能を維持するための重要な役割を果しています。また、他の免疫細胞を活性化させるなど免疫応答や炎症反応にも重要な役割を担っているのです。

「角質除去で清潔な肌へ!」などのは、この角化細胞(ケラチノサイト)と関わりがあるということですね。
この角化細胞(ケラチノサイト)がなくなると、バリア機能が機能しなくなり、外的刺激などから影響を受けやすくなり、炎症などの肌あれが発生するため、要注意ですね。

つまり、頭皮の角化細胞(ケラチノサイト)がなくなれば、炎症を起こしやすくなるということです。


色素細胞(メラノサイト)とは

色素細胞(メラノサイト)は、表皮最下層の基底細胞間に介在しているもので、メラニンをつくり出している細胞になります。

メラニンを産生する細胞です。紫外線を浴びることなどで活性化をします、
そして、そのことで、メラニン色素をたくさんつくり出し、これがシミの原因となります。
もちろん、皮膚の衰えも激しく、シワもできやすくなります。

頭皮も紫外線の浴びすぎにより、衰えがスピードアップし、若ハゲなどと言ったことが起こるのかもしれないですね。帽子を被らない人って多いですからね・・・

それ以外にも、髪の毛の色にも深い関係があるものになります、加齢などによって色素細胞(メラノサイト)の働きが弱くなってしまったりすると、少なくなってしまったりすると、髪を黒くするメラニンが作られなくなってしまうために、それが原因で白髪にってしまうということが言われています。

白髪を発見した時、年をとった気分になるのでイヤーな感じになりますよね。(笑)

白髪が増えてくるのは40歳前後といわれますが、医学的に解明できていない部分が多く、予防が難しいのが現状のようです。美容院に行って白髪はどうしてなるのかと美容師さんに尋ねたところ、遺伝的な要素もあるとのことでした。

遺伝といわれると太刀打ちできない感じがありますね。
だけどやっぱり黒い髪の中に白いものが混じるととても気になります。

年齢を重ねるにつれて色素細胞の能力が衰え、毛髪の色素が消失した状態のことを白髪というみたいです。

毛髪は、もともとは白く、それを黒く見せているのは色素細胞(メラノサイト)がつくり出すメラニン色素のはたらきにあります。

その色素細胞(メラノサイト)のはたらきが、何らかの原因で弱まったり消失したりすることによって髪を黒くするメラニン色素がつくれないと白髪になってしまいます。

髪の毛の色は、毛髪が成長する過程のどこかで毛髪内にメラニン色素が取り込まれることで決まるようなので、毛髪の生え変わりの時期が大切になります。

髪の毛のできるヘアサイクルという成長期・退行期・休止期がスムーズに行なわれるようにすることも重要ですね。

細胞分裂と娘細胞密接な関係について

細胞分裂と娘細胞密接な関係について


細胞分裂とは

わたしたちのからだの細胞の多くは日々生まれ変わっています。1つの細胞が分裂することによって増えていきます。
細胞分裂とは、分かりやすく言うと、1個の細胞が分かれて2個以上の新しい細胞ができることです。

細胞分裂は、まず核が2個に分裂してから細胞質が分裂します。核の分裂を「核分裂」といいます。
核分裂のようすの違いによって、細胞分裂には以下の種類があります。

細胞分裂のしくみは「体細胞分裂」が多く知られていますが、「減数分裂」やその他、「核分裂」「有糸分裂」「無糸分裂」などもあります。

細胞は単に真っ二つに分かれているわけでなく、非常に正確なしくみによって、もとと同じ細胞を2個に増やしています。

成長のためには、分裂前と同じ細胞が倍の数になっただけではいけません。
分裂直後の細胞は前の細胞に比べて小さいからですね。それぞれがもとと同じ大きさになって成長します。

・細胞分裂によって細胞の数がふえる
・それぞれがもとの大きさになるまで大きくなる → 成長する

といったしくみです。


娘細胞とは

娘細胞(じょうさいぼう、または、むすめさいぼう)は、細胞分裂の結果として生じる2つ以上の細胞のことを言います。また、細胞分裂する前の細胞を対義的に母細胞(ぼさいぼう)と呼びます。
ただし、出芽酵母など、出芽によって増える細胞の場合、出てくる芽に当たる細胞のことを娘細胞と呼び、芽を出す方を母細胞と呼びます。


このように細胞分裂によって娘細胞は生まれるので細胞分裂と娘細胞は密接な関係があります。

皮膚の構造について

皮膚の構造について


角質層|角質細胞とは

角質層は、下から新しい細胞が出来てくるたびにアカとなって剥がれ落ちることで一定の厚みが保たれています。

角質層は皮膚細胞が角化(表皮の細胞が角質細胞に変化する現象)の途中で、細胞核を失ったもので、いわゆる死んだ細胞です。もちろん死んでいるからといって不要な細胞ではなく、さまざまな役割を担っています。

また私たちが普段「肌がキレイ」「肌が荒れている」「肌が潤っている」「頭皮がかゆい」「フケがでてる」
「頭皮がテカッている」など、肌や頭皮の状態をいうときは、この角質層のことを指しています。

角質層には、細菌やウイルスなどの異物が体内に侵入するのを防いだり、皮膚の水分や保湿成分の喪失を防いだり、皮膚に加わる外部からの刺激を和らげ、真皮や皮下組織を保護する働きがあります。

角質層の厚さは、体の部位によって異なり、手のひらや足の裏の角質層は最も厚くなっています。


透明層とは

透明層は、手のひら・足裏など皮膚の厚い箇所にのみ存在します。

ガラス状の層で、顆粒層と角質層の間にあり、この透明層は、密に圧迫され扁平で、中にはケラチンが充満しています。

皮膚の薄い部分では角質層と区別ができません。


顆粒層|顆粒細胞とは

顆粒層は扁平な顆粒細胞からなる数層の層で、角質層とともに、肌のバリア機能を発揮します。

実は、顆粒層では角質層へといくための総準備がなされているのです。顆粒層の細胞がきちんと働いてくれないとバリア機能の高い角質層は生まれません。

顆粒層の角化細胞は、フィラグリンの重合体であるプロフィラグリンが蓄えられているケラトヒアリン顆粒を細胞内に持っています。

顆粒層の角化細胞内のケラトヒラリン顆粒は、ガラス状の粒で、紫外線を強く屈折させ、 肌の奥へ紫外線が浸透するのを防ぎます。

また、この顆粒層でNMF(自然保湿因子)や細胞間脂質(セラミドなど)がつくられ、角質層に放出されるのです。


有棘層|有棘細胞とは

有棘層は表皮4層の中で一番厚い層で、有棘細胞が10層くらい重なって出来ています。

有棘細胞の表面は多くの細かい棘状に覆われていて、細胞どうしがかたく結合しています。

またこの有棘層の中には、ランゲルハンス細胞があり免疫機能に関わっている他、基底層で作られたメラニンを含んでいて、紫外線の透過を阻止しています。

皮膚に栄養(たんぱく質など)を与え老廃物の交換などを行うため、細胞間にリンパ液が流れています。


基底層|基底細胞とは

基底層とは表皮の一番下にある部分で、最も体の内部に近い部分のことをいいます。

基底層は常に新しい頭皮細胞を作り出して頭皮のターンオーバーのサイクルが始まる場所です。

基底層の働きは血液から栄養と酸素を受け取り、新しい細胞をつくる働きをしています。

そのため、食生活などの乱れによる栄養不足、特にたんぱく質不足や、タバコによる血行障害などが、
基底層で新しい細胞を作り出すときに影響を及ぼし、ターンオーバーがスムーズに行われなくなります。

つまり、毛母細胞や毛乳頭細胞が常に死んだ状態となり、古い、汚い頭皮のままになってしまい、
髪の毛が生えなくなってしまうという状況になるという訳です。恐ろしいですよね。

また、基底層は強い膜でできているため、真皮を保護するという役目もあります。

真皮まで及んだ傷は元には戻らないため、真皮をガードしているわけです。

毛細血管について

毛細血管とは

毛細血管は、細動脈と細静脈とを結ぶ網目状の血管です。
最も細い血管(5~20μm)です。

壁は単層の内皮細胞からなり、平滑筋はありません。壁の細胞のすきまを通して、血管内の血液中と組織の間で、栄養素、酸素、二酸化炭素、老廃物(ろうはいぶつ)などの物質交換が行われます

毛根を囲んでいる頭皮の毛細血管も同様に、育毛に最も大切な毛母細胞に血液を供給して栄養分を運びます。供給が滑らかにに行われていれば髪の毛は健やかに育成されています。

ところが、毛細血管が何らかの原因でつまったり、生活の乱れで血行が悪くなると毛母細胞に栄養が行きわたらなくなります。だから、髪の成長は止まり脱毛が始まるんですね。

なので、常に新陳代謝を活発化させ、血行を良くしておくことが大切です。

鉄は細胞の活動を高めるために必要な成分です。特に女性は不足しがちになります。

ビタミンB2・B6は、皮膚を整える働きがあります。
カプサイシンは、新陳代謝を促すので料理に上手く取り入れてください。

ビタミンEは、血行を促進させる作用があります。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Author:ikumou3k1
FC2ブログへようこそ!

リンク
相互リンク
RSSリンクの表示
このブログを購読

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブロとも一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ購読者向けメールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム
相互リンク・検索エンジン関連

相互リンク
ネットショップ開業のためのサイト「ショッピングカート比較navi@マイレージでJALやANAのマイルをチェック 視力回復手術についての情報サイト「@レーシック」です。 人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
bi
xva検索エンジン 登録ASSISTANT
xvbバイブの通販
xvc相互リンクSUPPORTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。