スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいシャンプーの使い方

頭皮は洗わなければ、皮脂等の汚れで不衛生となり、また強く洗い過ぎるのも痛む原因となります。

また、シャンプーも多く使い過ぎると、すすぎきれず、頭皮にシャンプー剤が残り、少なければ、汚れを落としきれず、適度なシャンプーをする方法の仕方というのはとても難しいです。


頭髪の洗い方としては以下の通りです。

①シャンプーを付けずに軽くシャワーで洗う。まだ頭皮が硬い状態なので、こすったりせずお湯をかけて湿らす程度にする。

②お風呂につかり血行が良くして頭皮を柔らかくする。
(余裕があれば暖かく湿らせたタオルを頭にまくと血行が促進され良い)

③シャンプーは適量を手に取り泡立ててから頭髪に付ける。
(シャンプーは刺激の強いものは避ける。無添加の無添加天然アミノ酸シャンプー がお勧め)

④爪を立てない様に指の腹で揉む様に洗う。この時、頭皮の皮脂を押し出す様に頭皮を軽く動しマッサージをする様に揉むと良い。

⑤少し熱めのお湯ですすぐ(温度が高めの方がシャンプーを落としやすい)

洗髪時のすすぎの段階で冷水をかけると、頭皮が引き締まり活性化されます。
冷水をかけた後に、暖かいお湯をかける事で、収縮した血管が拡張して血行が良くなります。

冷水→温水を何度か繰り返すと効果的です。

ただし、注意が必要なのは、温度差がありすぎると健康を害し、逆効果だったりするので体調を考え無理をしない
ようにしてください。

フケは、頭皮の角質細胞がはがれ落ちたものですが、
新陳代謝の流れのひとつなのでフケが出る事自体は正常なことなのです。
ただ、フケが出る量が多くなると、かゆみの元となるとともに、抜け毛の原因にもなってしまいます。

頭皮が不衛生な状態だと細菌が付着し皮脂などを栄養に繁殖し、フケが出来るサイクルを早めてしまいます。

頭皮を清潔に保つ為に定期的な洗髪、自分にあったシャンプー選びが本当に重要となるのです。


スポンサーサイト

ストレスを解消しよう!

ストレスがある状態が長く続くと、自立神経のバランスが崩れ、様々な体の不調を引き起こす原因となり、
それらは、髪の毛にも悪影響を及ぼします。

病気になりがちな人は、ストレスを抱えている人が多いようです。

健康でいるためには、ストレスをうまく発散することがとても大切です。


例えば

○スポーツをして汗をかく

○銭湯や温泉などに行く

○自然がたくさんある場所に行く

○趣味を楽しむ

○複式呼吸をする

などが挙げられます。

自分なりのストレス発散法を見つけることが大切ですよ。


また、紫外線を浴びると、皮膚を形成するコラーゲンの繊維がダメージを受けてしまい、
皮膚の加齢を加速させてしまいます。

このように、紫外線は肌荒れ、肌の老化の原因となってしまいますが、肌だけでなく、当然、
頭皮にとっても紫外線は大敵です。

たくさん浴びてしまうと、頭皮と髪は大きなダメージを受け、抜け毛が増えてしまいます。

顔や腕等であれば、市販の紫外線をカットする日焼け止めクリームやローションを塗ることで、対応することが出来ますが、頭皮に日焼け止めクリームを塗るワケにもいかないので、日差しの強い日は、風通しの良い帽子を被ったり、出来るだけ日陰を歩く、等の対策が必要でしょう。

近年ではオゾン層の破壊により昔と比べ、地上に届く紫外線が強くなっていますので、これからは、より一層の注意が必要となるでしょう。

髪が薄くなってくると人の視線を気にしたり、鏡で自分の頭を見て落ち込んだり、シャンプー時の抜け毛の量にショックを受けたりと精神的にストレスを受けてしまう方が多いようです。

そういった精神的なストレスは、体調を崩したり、自律神経失調症になったりと更なる抜け毛を招いてしまいますので、要注意が必要です。

抜け毛や薄毛について、過敏になり過ぎず、あまり深刻に考えないようにすることが大切です。
日本人の成人男性の3割近くが、薄毛に悩んでいるらしいので、薄毛が気になっているのは、
自分だけではないと思うようにしてみることもストレスを溜めないためのひとつだと思いますよ^^

女性のための頭皮ケア方法

女性のための頭皮ケア方法

ここでは、女性の頭皮トラブル(薄毛・抜け毛・フケ・かゆみ・臭い・ニキビなど)に効果的なケア方法をご紹介します。

有効な頭皮ケアは男女共通のものもありますが、
特に女性に意識してほしいポイントをわかりやすく解説します。
是非、あなたの毎日の頭皮ケアにお役立てください。


保湿力の高いシャンプー、育毛剤を選ぶ

女性の頭皮トラブルの原因の多くは「頭皮の乾燥」といわれています。
女性は男性よりも皮脂分泌が少なく、脱脂力や洗浄力の強いシャンプーを使い続けていると
慢性的な乾燥状態に。

乾燥した頭皮は、外部の刺激から肌を守る皮脂が不足するため免疫力が落ち、
ちょっとしたことでもトラブルの原因になる可能性があります。

そんな女性の頭皮には保湿力の高いシャンプーや育毛剤を使ったケアがおすすめ。
保湿力の高いものとは、油分が入っているということではなく、
シャンプーならは適度な皮脂を残しながら洗浄してくれるもの。
育毛剤ならば、保湿成分の配合されたものを意識して選びましょう。


体を冷やさないように意識する

女性の多くは冷え性に悩む方が多いと思います。
この体の冷えは頭皮にはとても悪影響。
体が冷えることで毛細血管が収縮し、健康な頭皮を保ったりイキイキとした髪の毛を育てるための栄養素が 十分に運ばれなくなります。

栄養不足の頭皮はどんどん状態が悪化。頭皮トラブルが慢性化することも。
ですから、冷えには十分に注意します。
寒い季節は意識して冷え対策をしますが、夏場は意外と怠る人が多いもの。

しかし、体は夏場のほうが冷えやすいのです。
冷たい飲み物をがぶ飲みしたり、冷たい食べ物ばかり食べると内臓から体が冷えます。
一年を通して、温かい飲み物や常温のものを意識して飲むようにしましょう。
冷えの改善にはやはり運動が一番効果的です。
適度な運動を心がけましょう。


ホルモンバランスの乱れを整える

女性の抜け毛や薄毛の原因の多くはホルモンバランスの乱れによる女性ホルモンの減少があります。
特に20代や30代の若い女性に見られる薄毛の症状はこれがほとんど。
女性ホルモンはとても繊細で、ちょっとした体調の変化や生活習慣の乱れ、ストレスなどで乱れ
体の様々な部分に悪影響を与えます。

ホルモンバランスの乱れを整えるために、以下のようなことを意識しましょう。


ストレスは適度に解消する
バランスのとれた食事をとる
適度な運動を意識する
大豆などに含まれるイソフラボンを積極的に摂取する

ホルモンバランスを整えるにはやはりバランスのとれた生活を送ることが何よりも大切です。


適度な運動を心がける

ホルモンバランスを整える箇所でも紹介しましたが、
適度な運動は理想的な頭皮環境を整えるために必要不可欠です。

現代の生活で特に体を動かす仕事についていない女性は、ほとんどが慢性的な運動不足です。
運動不足に陥った体は代謝が落ち、血行不良になりやすくなります。
血行不良は頭皮に必要な栄養素を送るうえで障害になるため、改善する必要があります。

毎日でなくとも、週に2~3回は適度は運動を行うことをおすすめします。
運動を習慣にすることで代謝が上がり、頭皮だけでなく健康を維持することにもつながるからです。

適度は運動とは自分の無理にならない程度のものが理想的。
ヨガやストレッチ、ウォーキングや水泳、軽いジョギングなど。
大切なのは続けられる運動を行うことです。無理に運動をするとそれがストレスになり頭皮には逆効果。
「気持ちがいい」と思える程度の運動を継続して行うことが有効な頭皮ケアになります。


過度のダイエットは控える

女性ならばダイエットは人生の課題でしょう。
しかし、「痩せたい!」という気持ちが強すぎて過度のダイエットになっていませんか?

無理な運動や食事制限は慢性的な栄養不足になり、髪の毛の成長に必要なたんぱく質などの栄養素を維持できず、 抜け毛や薄毛の原因に。
また、ホルモンバランスが乱れることもあり、イライラや肌荒れ、体調不良などの悪影響が。

早く痩せることよりも、バランスの良い食事や適度な運動による健康的なダイエットを心がけるようにしましょう。


過度のヘアケアは控える

頭皮トラブルや髪の毛の傷み、パサつきが気になるあまり過度のヘアケアを行っている女性は少なくありません。
1日に何度もシャンプーしたり、必要以上のトリートメントを行ったり、
ヘアスタイルを整えるワックスやスプレーなどの洗い残しも頭皮には悪影響。
毛穴つまりや皮脂の過剰分泌、薄毛や抜け毛などのトラブルの引き金になります。

このような過度のヘアケアは控え、頭皮を理想的な状態に整えるケアを行いましょう。

頭皮湿疹と頭皮アトピーの違い

と頭皮湿疹と頭皮アトピーは、非常によく似た症状が発生します。そのため、詳しく観察、検査を行わないと、専門医であってもしばしば誤診することがあります。

そういうこともありますから、発症者個人でもどんな症状がでたかをしっかり見極めておくことが大切でしょう。

頭皮湿疹も頭皮アトピーも、頭部に赤い湿疹が発生し、かゆみやフケなどの症状がでます。
また、頭皮湿疹は、脂漏性皮膚炎の1種とも考えられますが、この場合、症状が頭皮のみにとどまらず、身体のいたるところに飛び火する場合もありますから、さらにやっかいなのです。

頭皮のアトピーの患者の場合は、アレルギー性喘息や鼻炎などになる可能性も高く、約80%の人が5歳までに発症するため、以前は子供のみの病気だと思われていましたが、成人の急な発症なども目立つようになり、その背後には、ストレスに満ちた生活習慣などがあると考えられています。
しかし、はっきりとした因果関係は今なお解明されていないので、難病とされています。

頭皮のアトピーの場合、血液検査を行うことで大まかなアレルゲンを絞り込むことも可能で、それを手がかりにステロイド剤の利用を中心とした治療が行われます。
ステロイド剤に関しては副作用などを危ぶむ声もありますが、効果は絶大で、医師の処方を守っている限りはそれほど副作用の心配をする必要もありません。


一方で頭皮湿疹の場合は、頭皮の皮脂に含まれているトリグリセリドと呼ばれる中性脂肪の1種が、癜風菌などの真菌類によって分解され、遊離脂肪酸と呼ばれる物質に変化します。それがかゆみなどの原因となっていると考えられています。頭皮湿疹でも治療の中心はステロイド剤となりますが、ビタミン剤なども必要に応じて使用されます。

今、頭皮ケアブームは上昇中なんです!だから…

日本人の女性モデルを多用する資生堂のシャンプーシリーズ「TUBAKI」、漢方の「いち髪」、アジアンビューティーを主とする「アジアンス」から始まるゆるやかな黒髪ブームが、有名アイドルや芸能人も黒髪が多いこともあり、雑誌等で育毛・頭皮ケアの企画を見かけるようになっています。

ですから、トレンドを先読みしていることになるので、育毛ケア・頭皮ケアは、何も恥かしいことではないのです。


しかしながら、抜け毛や薄毛というのは、大変デリケートな問題です。

自分で気にしているほどまわりは気にしていないという場合も実際には多いのですが、本人にしてみれば大きな問題です。


抜け毛も、薄毛も、病気と同じ扱いを受けて当然なぐらいの悩みなのに、周りにそれを知られるのは恥ずかしいというこの気持ちのギャップの差が本人を苦しめてしまうものです。その気持ち、とてもよくわかります。


いくつか育毛剤を試したけどダメだったからもう止めようかな、とか育毛剤を使うのは恥ずかしいから止めようかな、とかもし思っているのでしたら、是非育毛剤を続けて使ってみてください。


なぜなら育毛剤を使うことで、あなたのなんとかしたい、治したいという気持ちを持続させることができるから。諦めてしまったらそこで終わりです。


抜け毛も、薄毛も、一度症状が出始めたら自然に治ることはまずありません。くどいようですが、遺伝が原因といわれるものでも、ストレスが原因といわれるものでも、たとえ原因不明であっても、何かをしなければ悪くなる一方です。


育毛剤を使うことであなたが治したいという気持ちを持続できるものならば、育毛はできるはずです。そして、使うなら少なくとも同じものを半年以上は続ける必要があります。

抜け毛の原因が頭皮のケア方法を間違えている事も結構あります。

洗浄力の強いものを避けて、程よく皮脂を残すことが一番の頭皮ケアと抜け毛の予防になります。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ikumou3k1

Author:ikumou3k1
FC2ブログへようこそ!

リンク
相互リンク
RSSリンクの表示
このブログを購読

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブロとも一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロマガ購読者向けメールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム
相互リンク・検索エンジン関連

相互リンク
ネットショップ開業のためのサイト「ショッピングカート比較navi@マイレージでJALやANAのマイルをチェック 視力回復手術についての情報サイト「@レーシック」です。 人生の節目節目の冠婚葬祭に備えよう
bi
xva検索エンジン 登録ASSISTANT
xvbバイブの通販
xvc相互リンクSUPPORTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。